タグ「みんなのポスト」が付けられているもの


Nikon COOLPIX S70 [モノフェローズ・セミナー] - ムービーとかその他諸々 -

みんぽす

このレビューは「みんぽす」の無償セミナーに参加して書かれています。(詳細は末尾で)


COOLPIX S70

9/18から店頭に並ぶ予定のCOOLPIX S70
9/13(日)に行われた、モノフェローズ・セミナーで、実機撮影してみた気になったことや、その他諸々を書いておきます。(製品の説明などはこちら、実機での撮影画像はこちら。)

ムービー機能

コンパクトタイプでは、標準装備とも云えるムービー機能も試してみましたよ。

丁度、モデルの関口さんにS70を持ってもらって操作しているようにポーズをとってもらっているところを、横から撮ったもの。
ムービーで見ても、液晶が明るく映っているのがよく判ると思います。

アップしたムービーの撮影サイズは標準の640×480/30fpsになっていますが、S70自体は720pのHDサイズでもムービー撮影する事が可能です。

Nikon COOLPIX S70 [モノフェローズ・セミナー] - 実写編 -

みんぽす

このレビューは「みんぽす」の無償セミナーに参加して書かれています。(詳細は末尾で)


COOLPIX S70

9/18から 店頭に並ぶ予定のCOOLPIX S70
9/13(日)に行われた、モノフェローズ・セミナーで、実機で撮影した画像などをこちらのエントリーで紹介します。(製品の説明などは、こちら。)

外観とUI周り

S70正面S70 背面(ビュアーモード)
S60とS70の液晶表示の違い880と並べたS70(表)880とS70(裏)

まず、S70の外観から。

見ての通り、非常にシンプルなボディで、上面のシャッターボタンと電源スイッチと連動したレンズシャッター以外のメカニカルなものは全て排除され、全ての操作がタッチスクリーンになっている液晶部分で完結するようになっています。

有機EL採用のおかげで、液晶の表示が明るくてきれい。下段左の画像は、S60とS70をビュアーモードにして並べたものですが、右側のS70の方が格段に液晶が明るいことが判ると思います。

残りの2枚は、2000年に出たCOOLPIX880とS70を並べてみたもの。液晶のサイズや操作系のボタンの数などをみても、この二つの機種のの間にある9年という歳月は、とっても長いんだなぁ、というのを実感させられますね。

Nikon COOLPIX S70 [モノフェローズ・セミナー]

みんぽす

このレビューは「みんぽす」の無償セミナーに参加して書かれています。(詳細は末尾で)


COOLPIX S70

9/18から店頭に並ぶ予定のCOOLPIX S70
一足早く触れると言うことで、田町にあるニコンイメージング ジャパンで9/13(日)に行われた、モノフェローズ・セミナーに参加してきました。

レビュー:日立 Woooシリーズ液晶テレビ《ネットワークに関すること、そして返却へ》

みんぽす

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

テレビでWebブラウズ

最近のテレビの殆どは、ネットワーク接続機能がほぼ標準といっても良い状況。もちろん、Woooにもその機能があるので、ちょっとWebブラウズをしてみた。

Wooo自身は、DHCPクライアントとなるので、DHCPサーバがあるネットワークだったら、基本的にはLANにつなぎ込むだけで接続終了。普通にブロードバンドルータが設置されている家庭も多いと思うし、ルータ側で特別に設定を弄っていない限りは、DHCP機能を切っていることはないでしょうから、ハマることは実際には稀かと・・・。

設定さえ終わってしまえば、あとはリモコンにあるネットボタンを押すだけ。
まずは、専用ポータルのWooonetに繋がるけど、見たいサイトが有れば、リモコンを使って直接URLを入力するか、WooonetからリンクされているYahoo!で検索するかすれば、OK。

レビュー:日立 Woooシリーズ液晶テレビ《ちゃんと設定してみたら・・・》

みんぽす

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

前回はただ箱から出して、単純にアナログ専用テレビを置き換えただけ、という使い方のことをかいたのだけど、折角だから地デジも見たいよね、ということで、ちょっと色々弄ってみました。

ちゃんとセッティングすれば、見れた地デジ

結論から行くと、ちゃんと見れました。>地上デジタル放送

そもそも今住んでいるところ(分譲マンションの賃貸部分)は、CATVを用いた共聴設備が導入されていているので、NHK+在京キー局4局+MX+CATVのコミュニティチャンネルが、元々見れる状態。(勿論アナログね)
Woooが届いて、アンテナ繋いだ時、BS/CS-IFアンテナ端子に繋いだ時は映らず、UHF/VHFアンテナ端子に繋げば映る状態だったので、「あぁ、そういうモノなんだ」と思っていたのだけど、取説を読んでみるとBS/UV分波器を使って繋ぐ例(BS・CSが混合のとき)というのが載っているので、ダメもとで分波器を使ってみることに。

レビュー:日立 Woooシリーズ液晶テレビ《開梱・設置〜普段の使い勝手》

みんぽす

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

商品到着から、ほぼ一週間経過してみたところでの感想など、前回ちょっとしか書けていない開梱・設置の部分も含めて、普段の使い勝手に関する感想を、ここらで書いておきたいと思います。

開梱・設置

配送から物を受け取った時の最初の印象は、「箱のサイズからしたら、軽い」。
テレビ=重い、というイメージが強かったし、事実通常家で使っているテレビはブラウン管タイプの29インチのやつなので、とても重い。ごくごく短距離の移動ならひとりでも何とか出来るけど、そう度々動かしたいと思えるモノではないことは確か。
それだけに、液晶テレビが軽く感じるわけで、これだったら頻繁に部屋の模様替えでテレビの位置を変えても苦にはならないでしょう。(とはいえ、スタンド込みで14Kgあるので、扱いには注意しないと・・・。)

映像入力は、HDMI ×3、ビデオ ×2、S2ビデオ ×1、D4 ×2とあって、普通に考えたら足りなくなることはないんじゃないかな?殆どが背面に集中しているけど、本体左側面にもHDMI ×1、ビデオ入力 ×1が用意されているので、一時的にビデオカメラとかデジカメを繋いでテレビで見る、といった時のことも考えてあるようですね。
ウチにはDVDプレイヤーしかないので、このうちのビデオ入力を1つ使っているだけ。

物が到着して驚いたのは、梱包材が前モデルのモノだったこと。まぁ、これは貸し出し側の都合もあるのかも知れないので、仕方ないのかなぁとも思いますが、ちゃんと対応した梱包材で届いてくれた方が良かったなぁ、と思ったり。

レビュー:日立 Woooシリーズ液晶テレビ〈ファーストインプレッション〉

みんぽす

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

イベントからほぼ一週間が過ぎ、待望の実機が、昨晩我が家に到着しました。今回の貸出機器は、4月末に発売となった03シリーズの32インチモデルの黒。(L32-WP03(B))

そそくさと、今あるテレビ(ブラウン管タイプの27形)に場所をお譲り頂いて、Woooを設置。
とりあえず、DVD1枚見終わったところですが、う〜んやはり映像はきれいですねぇ〜。ただ元々あるテレビが2729インチなので、DVDをワイドで見た時に縦が狭いような気が・・・。マジメに買う時はもっと大きなサイズが欲しくなりそうな予感・・・・。

試しの番組予約セットして、今から寝ます。ネットに繋いだりとか、他の細かい機能は、この連休の間に試してみたいと思います。
特に出掛ける用事もないので、子供達と一緒にDVD三昧になりそうな予感・・・。>GW

モノフェローズ・イベント:日立Wooo 液晶テレビの巻

みんぽす

このレビューはWillVii株式会社運営の国内最大級家電・PC・携帯・ゲームレビュー・クチコミサイト「みんぽす」から、「モノフェローズ」として...

  • 商品を無償でお借りして、レビューを掲載しています!
  • ブロガーへの報酬、指示は一切ないので、完全に中立なレビューです!
「モノフェローズ」サービスに興味のある方はこちら

モノフェローズになって初めての参加イベントは、日立のWooo 液晶テレビ。4月に発表された UT800シリーズと03シリーズが、今回のターゲットでした。

UT800シリーズと03シリーズの特徴は、

  • 最薄部35mmを活かした、レイアウト・フリーなデザイン(UT800シリーズ)
  • インテリジェントオート高画質による、高画質と省エネの両立
  • 内蔵HDD+iVポケットによる高画質・長時間録画(内蔵HDDで最長200時間)
  • アクトビラ ビデオ・フル/ダウンロード対応

といったところのようで、説明もこれらの点を中心として進められました。

まずは、参加しているモノフェローズメンバーの自己紹介からスタート。既に、何回もイベントに参加している方もいれば、オイラと同じように今回が初めてという方も。

レビュー:CASIO EXILM PRO EX-F1(まとめ)

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います) 商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら


EXILM PRO EX-F1のレビュー、とりあえず今回がまとめということになります。
約1ヶ月、もちっと持ち出してあげれば良かったなぁと思いつつ、とりあえずはフツーに出掛ける時のお供という感じで使っていた中で感じたことなどを、ちらほらと。

レビュー:CASIO EXILM PRO EX-F1(屋内撮影とハイスピードムービー)

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います) 商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら


前回前々回に引き続き、今回はムスコと地下鉄博物館に出掛けた時にEXILM PRO EX-F1を持ち出したので、その時に撮ったヤツとか、ハイスピード撮影の話しとかを中心に。

まずは、SDHC入手

秋葉原中央通り

日曜日に、ムスコと地下鉄博物館へお出掛け。
レビューに使うSDHCを手に入れる必要があったので、まずはアキバへGo!して、メモリカードが安いと評判の上海問屋Transcend4GB SDHC CARD(勿論、Class6のヤツね)を購入。
早速EX-F1にセットしてフォーマットすると、サイズ6Mの高精細モードで残撮影数1,120枚という表示。これだけあると、フツーに使ってたら、メモリ一杯一杯に撮り切るのは難しいんじゃなかろうか。ちょっとした、一泊旅行程度なら必要充分でしょう。ちなみに、サイズVGAの高精細モードだと、11,000枚以上撮れるようです・・・。
#にしても、メモリカード安くなったな。D100と一緒に手に入れたCF 256MBは3万以上の値段だった記憶が・・・。

レビュー:CASIO EXILM PRO EX-F1(ファーストショット)

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います) 商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら


今日、チョットでかけたので、そのお供にEXILM PRO EX-F1を持ち出してみた。

形状は、一眼レフの様とはいえ、軽いというのは持ち運びの負担が減って良いですな。普段がD100なのもあるけど、歩き回って疲れたりすると、重さが段々と堪えるんだよねぇ〜。

レビュー:CASIO EXILM PRO EX-F1(到着の巻)

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)
商品無償貸し出しサービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら


モノフェローズとして初のレビュー機器として、CASIOのEXILM PRO EX-F1をお借りしたので、今日から1ヶ月間使ってみることになりました。
帰宅のタイミングが合わなかったりして、受け取りが二日ほど遅れたのはご愛敬ってトコでしょうかね。

第一印象は?

とりあえず、ハコから取り出して、チョットいじってみたけど、普段D100を使っていることもあって、凄くコンパクトな作りだなぁ、と・・・。ボタンを押した時の感じとか、シャッターを切る感触なとは、しっかりとしていているし、割としっかりと押さないと反応しないのは、誤操作を減らすという意味でも良いんじゃないかな〜、と思う。
このあたりは、それほど使い込んでいない段階での話しなので、1ヶ月後には違うことを言っているかも知れませんが・・・。

とりあえず、この土日から外の持ち出してみて、まずはフツーの使い方での印象とかから始めてみましょう。幸いにして、借りている間に、某レジャー施設に行く予定があるので、結構使い込む機会がありそう。
このEX-F1の売りであるハイスピード撮影に関しては、追々使ってみたいと思います。

早速、明日SDカードを仕入れに行かないと・・・。(⌒▽⌒;

モノフェローズジュニア

以前、試しに申し込んでみたモノフェローズ、ちびっと条件に合わないということで、参加することは出来なかったのだけど、

モノフェローズジュニアは、そのPV条件を緩和したもの。マイナーブログ(まあ、ここもそうだけどさ)でも、レビューしたい、ブロガーを応援するものらしい。

mono-logue: モノフェローズジュニア

こちらのほうは、参加することが出来ました。
ということで、チョットだけデジタルガジェットのレビューが増えるかも知れません。