タグ「地方自治」が付けられているもの


学ぶべきは、コンピュータ・サイエンスだと、オバマは言っている #たけお問題

まずは、一本のムービーから。

このムービーは、去年12月に行われた Computer Science Education Week で流されたオバマ大統領のスタートアップスピーチなんですが、ムービーの40秒辺りで、こんなことを言っていますね。

No one’s born a computer scientist, but with a little hard work,
and some math and science, just about anyone can become one.

[From 米大統領「全ての人よ、プログラミングを!」 | スタッフブログ | 中学生、高校生のためのプログラミング・ITキャンプ/スクール]

ただ、この部分にある " a computer scientist " をプログラマーと訳して広めちゃってるサイトがあったりするんですね…。書き起こし全文を読んでみても " a programmer " という言葉は出てきてないんですけどねぇ…。
#それでも、引用元もタイトルでは「全ての人よ、プログラミングを!」ってなっちゃってるのは、アレな感じがしますが…。

訳すとこんな感じになるわけですが、

誰もが少しのハードワークと、数学、科学を使うだけで、コンピューターサイエンティストになることができます。
この週は、それを試しにやってみるためのチャンスです。

[From 米大統領「全ての人よ、プログラミングを!」 | スタッフブログ | 中学生、高校生のためのプログラミング・ITキャンプ/スクール]

やっぱり話題のアノ人は「間違った和訳」を読んでいたみたいで、スピーチそのもののムービーを見たり、英文での書き起こしを読んではいないのでしょうね。(まさに「真に受けてる」状態?)

だそうです。オバマ大統領も最近以下の趣旨を述べています 。

[From すべての人にプログラミングを学んでほしい : 武雄市長物語]

そんな勘違い状態で進められようとしているのが、武雄市 × DeNA × 東洋大学のプロジェクトというわけですから、スタートの時点で結果については「お察しください」状態となっているようにしか見えません。

反転授業に花まるにプログラミングだぁ?

良く言えば矢継ぎ早に、ぶっちゃけ手を広げ過ぎだと思う教育施策を打ってくる武雄市ですが…。
まぁ、ほんとに子供にとってプラスになるのかもわからない状態のものを、よくもまぁホイホイと始められるなぁ、というのが正直な感想。

反転教育

「反転教育やれば、未来はバラ色」的な論調が見られるんですけど、本当にそうなんですかね?
自宅で予習してから学校での授業に取り組むという反転授業に馴染める子供もいれば、従来からの授業携帯の方が馴染む子もいるでしょう。(もしかすると、そのどちらにも合わない子もいるのかもしれない。)

反転授業自体、基礎学力やそれなりの学習習慣が身についているほうが効果が高いとか、反転授業の取り組みが早かったアメリカでは学力の格差が大きくなったという話もあるようですから、いいこと尽くめではないような感じなのですが…。

なお「反転授業」はモチベーションのある生徒にしか使えません。なぜなら理解の土台になる、授業部分の視聴を生徒の自主性に任せてしまうので、怠けて動画を視聴しない生徒が続出するからです。

[From カリフォルニアの高校で、一部「反転授業」が導入された背景 生徒間の学力格差をワープスピードで拡大する、残酷なツール - Market Hack]

日本でも、早くから反転授業に取り組んでいる学校や先生たちもいるようですし、そういった先例やアメリカで問題として指摘されている点をうまく取り込んで、進められれば良いのでしょうけど、多分「武雄式反転授業」ってのにしたいという意向(誰の?)でしょうから、イロイロと難しいかもしれません。

花まる

コレは、前にも書いているとおりで、

自己啓発セミナー、ですか、これってもしかして、というのが正直な感想。

[From 武雄市の公教育改革、あなたは「花まる」あげますか? #たけお問題 - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

というのが、偽らざる感想だし、これがホントに学力向上につながるとは思えないので、成功はしないだろうなぁと。
そもそも、塾自体のコースでも高学年向けは弱い、というような話もあるようなので、結局破綻するんじゃないですかね。授業形態自体合わない子供も出てくるでしょうから、そのあたりのフォローとかちゃんと出来るのかも心配です。

7分で判る? #たけお問題 のポイント

「武雄市周辺で、起きてることって、どういうこと?」って、なかなか判りにくいのですが、コラムニストの勝谷誠彦氏がなかなか鋭い分析をしていたので、ご紹介。

主に、図書館と公教育改革の話をしていますが、「市民は、本当にそれでいいと思っているのか」ということも問いかけています。
実際にどう考えるか、というのは聞いた人それそれで感じ方が違うでしょうから、聞いてみたうえで考えてもらいたいな、と思います。

なんせ、武雄市を手本に、と考えている首長や地方議会議員、自治体職員が結構全国に散らばっているのですよ。打ち上げ花火的な実績が欲しいと考えている人にとっては魅力的なんでしょうね、樋渡市長と武雄市政の政策って。

でも実際のところ、実績のない企業に対しての発注が随意契約な上に選定行為自体が権限逸脱、市民よりもマスコミ発表優先で既成事実化した上で進める、といった、普通の行政の進め方から見たら、反則だろ的なやり方なんですよね。
そういう人たちが、「武雄に続け」とばかりに暴走しないよう、よく動向を監視しておかないと、自分の住む自治体で

  • CCCに、図書館の管理を任せます。それにあたって必要な改装費の一部を税金から支出します
  • 花まる学習会と組んで、塾のノウハウを小学校の教育に取り入れます!

ということが、いつのまにか起きているかもしれません…。
興味のある方は、下のリンクから、イロイロとたどってみるとよいでしょう。

わたし、怒ってます〜 #たけお問題

怒りを感じていても、それを口に出して表明することが憚れるような雰囲気が出来上がりつつあるように感じられる、武雄市界隈。
外から見ていると、以前以上に市長のやりたい放題が始まったように見えるわけですが…。

例えば、こんな tweet。

これを起点とした一連の tweet の流れも見ていただいたのだけど、ポイントは、これ。

教育に関する決定権が何故か、保護者に無いという状況が作り出されようとしているという、なんとも不思議な状況になっているというのですよ。

ちょっと整理しておくと、どうも次のような状況らしい。(武雄市の発表資料とか、新聞報道などや Twitter に流れる tweet などを見ての推測。)

  • 花まるメソッド(と仮称)は、まず研究校として武内小で導入、6月頃から実際の授業を開始する。
  • 来年4月から花まるメソッドを導入する学校を、区長会を中心とした地域単位に立候補してもらい、そこから2〜3校程度決める。(秋ごろ)

来年からの実施校への立候補の締め切りが10月として、研究校での授業開始から4ヶ月。うち1ヶ月は夏休みで授業がないわけですよ。
それなのに

  • 実質3ヶ月しか無い短い期間の間に、何回授業が見学が出来るのか不明
  • たった3ヶ月で目に見えるような成果が出てくるのかもわからないメソッドの授業を見て、まともな判断が下せるのか
  • ダイレクトに学校に関わることになる保護者中心ではなく、地域の世話役でしかない区長会が決定に関わる必然性がわからない

というのが外から見ている人の感覚なのではないでしょうか?

よ〜くかんがえよ〜、名前は大事だよ〜 #たけお問題

たまに、DQNネーム酷いよねぇ、的な話題が出て来ることがありますけど、それが市長肝いりの政策でお目に係ることになるという斜め上の状況が発生しているにもかかわらず、現時点では市長本人ならびにその関係者からの見解は出てきていないようです。

で、花まる学習会が関わる小学校に関しては「武雄花まる学園◯◯小学校」という通称で呼ばれるらしんだけど、「花まる学園」でググると、とても香ばしい「関係者、ナニやってんの!?ちゃんと考えてるの?◯◯なの!!」という検索結果になるという…。(興味のある方は、まぁ試してみるといいよ。)

[From 武雄市の公教育改革、あなたは「花まる」あげますか? #たけお問題 - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

検索してみて「あ〜、やっちゃったね…」と感じた人のほうが、たぶん多いと思うんですけど…。

何かプロジェクト的なことをやるとか、新製品を売り出す、新しいサービスを立ち上げる、ってなると、それに付ける名前を検討するというプロセスは、とっても重要視されるのが普通だと思うんですよ。商標権の侵害で訴えられないように調べるとか、ネガティブなイメージを持たれるようなものになっていないかを調べるとか、Google や Yahoo! などの検索エンジンでの検索結果に出てこないようなものを選ぶとか、フツーにやっているんですけどねぇ、ビジネスの世界だと。

武雄市の公教育改革、あなたは「花まる」あげますか? #たけお問題

選挙前にオフレコでと言っていたのは、「武雄市は公教育改革をやります」ことだったようですね。

まず、わざわざ「4月17日に発表する」としているのは、市長選の争点にしたくない、でないと選挙対策上問題となると認識しているからなのではないか、ということ。そのような内容を、それの影響を一番受ける武雄市民の与り知らぬ場所で公表した上で、オフレコとすることを求めたというのは、やはり選挙戦への影響を考えたからではないでしょうか。(当選したら、あとは勝手にやらせてもらうぞ宣言?)

[From 都合が悪いから、オフレコですか? #たけお問題 #武雄市 - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

図書館の時と同様で、東京で発表して報道されたことも含めて既成事実化した上で、事を進めるという、市民軽視の姿勢は相変わらずのようです。

で、話題になっているんで、その発表に関連したニュース映像見ました、が…。

「官民一体型小学校創設へ、塾のノウハウ導入」 News i - TBSの動画ニュースサイト

「花まる学習会の民のノウハウを大胆に取り入れることで、官民一体の学校を武雄市から創設する」(佐賀・武雄市 樋渡啓祐市長)

[From 「官民一体型小学校創設へ、塾のノウハウ導入」 News i - TBSの動画ニュースサイト]

自己啓発セミナー、ですか、これってもしかして、というのが正直な感想。

こんな授業を小学校でやるってんだったら、全力で回避すること考えますね、自分だったら。そもそも、うちの子供達には間違いなく合わないと思うし…。

「メシの食える人」ってナニよ?

はっきり言って今回の騒動で名前が出てくるまで知らなかったよ、花まる学習会。
うちも長男(小5)を塾に通わせているけど、その塾を選ぶときの候補として名前すら上がらなかったもんなぁ。(うちの教育方針的にみて、観測範囲にすら入らなかったわけだが。w)

理念に掲げられている『子どもたちが本当に幸せになるためには、将来「魅力的な人、メシが食える大人」になることが大切だと考えています。』という一文があるのですけど、いやだからそれがナニ、って感じなんですけど?

自分自身は工業高校卒業と同時に就職した口なので「学歴がなんだ~」と言う人間なのだけど、まぁそれなりにメシの食える大人にはなれたと思ってる。(ただし、学生時代にめちゃくちゃ勉強した記憶はない。)
でも、世の中的には自分と同じような生き方は、子供達にさせられなくなったよなぁ、というのも感じるんだよね。特段、この学校に行って欲しいといった強い希望はないのだけど、「文章を読んだり書いたり、計算したりという基本的なことが身についてないと、将来自分がやりたいと思ったことが見つかっても、苦労するよ。だから、自分のためにベンキョウしろよ」ということは、時々子供たちには話してはいる。まぁ、どんだけ理解してくれているかはわからんけど、将来の選択肢を多くするためにも、基礎的学力はあったほうがねぇ…。

勿論、高校行くにしても、大学に行くことになったとしても、できるだけ良いところに行ってほしいというのが親心だし、そのための環境を作るためには頑張るさ。

教育レベルの向上は、直ちに移住促進に繋がるものではない、と思うんだが。 #たけお問題

なりふり構わぬ選挙運動を展開して再選した某市長、再選後のインタビューの中で、

教育を通じ、メシが食える、魅力的な大人を育てたい。一方で子どもの数が減っている。子どもたちが地域にいないと活力が出ない。魅力的なカリキュラムを導入したモデル小学校をつくり、子どもと保護者に移住してもらい、過疎対策にもする。

[From 新市長に聞く 武雄市・樋渡啓祐氏/佐賀新聞ニュース/The Saga Shimbun :佐賀のニュース]

と語ったそうなのですが、これで思い出したことがあった…。

引用元は、文京区立図書館サービス向上検討委員会の第2回の時の議事録。
ピンポイントで切り取ってしまうと、話の流れが判りにくくなってしまうので、ちょっと引用量が増えてしまいましたが、話の流れとしては、図書館におけるボランティア活動という話題の中で出てきたもの。この回は、たまたま自分も傍聴していたこともあったので、覚えていたというのもあるんですが…。

住民票取り違えのエピソードを美談っぽく語るのは、間違ってませんか? #たけお問題

前にも、少しだけ取り上げたんですが、ちょっと過去の話とはいえど、どうにも書いておきたくなったことなので、改めてエントリーにしてみた。

今日、とても嬉しいことがありました。山内支所の受付で住民票を取ったのですが仕事場に戻ってよくよく住民票を見てたら何かおかしいと思い、電話連絡で受付の方にお尋ねしたところ間違いが発覚しました。

[From このメッセージは嬉しい。 : 武雄市長物語]

さて、この件。「住民票を取り違えて、他人に渡した」という時点で、個人情報流出事故だと思うんですけど、違いますかね?
#前の時は「かもしれない」と書いたけどさ。

フツーに考えれば

  • 本来、住民票を受け取るはずだった方への謝罪 (←コレが、最優先事項だと思うぞ)
  • 間違った住民票を渡してしまった方への謝罪
  • 流出発生の経緯の調査と、その調査結果の当事者への報告
  • 住民票発行業務のフロー見直しと再発防止策の策定
  • 市職員に対する個人情報保護に関する意識向上のための教育の実施と見直し後の業務フローの徹底

といったことが、行われてしかるべき事案だと思うんですが、エントリーのあの書きっぷりだと「個人情報を流出させられてしまった」本来住民票を受け取るはずだった方へのケアは行われたようには読めません。ですから、実は「間違って違う人に住民票を渡されてしまった、という事実を知らずにいる」んじゃないかという可能性も、考えておかないといけないのかもしれません。
#一大事なはずなのに「職員の頑張りが実感できます」の一言で片付けちゃうあたりが、HWTSクオリティ?

表沙汰になっていないけど、他の自治体でも似たようなことが起きている可能性もあるんですが、このような杜撰な対応するところは他にはない、と思いたいところです…。