タグ「自宅サーバ」が付けられているもの


HA8000の中古を手に入れるなど

ヤフオクも上手く立ち回れば、かなりの掘り出し物を手にすることが出来るわけですが、今回はホント上手くいったということで、HA8000/TS10 AK1 という日立の IA サーバの中古を入手することに成功しました。

2010 年後半に出たモデルですが、Xeon X3430 が載ってて、それに LSI Logic の MegaRAID SAS 2108 が載って RAID も組めるぜ〜、というのが、送料込みで 3,000 円以内で手に入ったんだから、これはもう小躍りするほかないという状況。あと、出品者側の説明にはなかった SCSI I/F と DAT72 ドライブが載ってたというオマケも付きましたし…。(ただ、媒体の容量的には DAT72 、微妙なんだよねぇ…。)

ここ二週ほど、ちまちまと動作の確認をしていたんですが、DVD-ROM ドライブが動作不良でメディアを認識出来ない状態だったこと以外は、特に問題なし。
USB - SATA 変換ケーブル経由で繋いだスーパードライブ使えば、OS インストールできるし、何故か余らせてた ECC 付き の DDR3 DIMM も難なく認識してくれたし、HDD もこれまた手持ちの SATA の 1TB のものをホットスワップベイに挿して問題なく認識してくれたので、手持ちのコマで通常利用可能な状態まで持っていけたというのも、(お財布的に)かなり助かったなぁ、と…。

この先、どうするか、ですが

そもそも、新しく機材を調達しようと思ったのは、 Mac mini や LIFEBOOK で動かしていた VirtualBox による実験環境を集約。これにより、 LIFEBOOK を用途的に浮かすことが出来れば、家族が使っている調子の悪い ThinkPad をそれで置き換えられるな、というのが発端。
そこになんともタイミング良く、今回入手した HA8000 がヤフオクに出品された、というわけ…。

Debian GNU/Linux(lenny)をインストールしてみる:最初にやっておきたいこと

インストールは終わりました。でも、いわゆる最小システムとしてインストールしているので、実際に色々やるとするとかなりパッケージが足りない状態。
流石に、そういう状態のままでは使いにくいので、動作確認とパッケージのインストールの練習を兼ねて、幾つかパッケージを入れてみることにします。

まずは、動作確認ということで

コンソールからのLoginに成功

では、早速インストールが完了したサーバにログインしてみます。

debian login: 

と表示されているのに続けて、"root"とタイプしたら"Enter"キーをして、

Password: 

と表示されたらrootパスワードをタイプして"Enter"キーを押します。
成功すれば、プロンプトの部分が

Debian:~# 

と表示されていれば、ログイン成功です。ここで一旦"exit"とタイプして"Enter"キーを押してログアウト、再び

debian login: 

と表示されたら、インストール時に作ったユーザアカウントでもログインできることを確認しておきましょう。

続いて、ネットワークが使えるのを確認します。
すでにユーザアカウントでログインしているとして、

soukaku:~$ 

というようなプロンプトが表示されていると思いますので、ここで"ping -c 3 www.yahoo.co.jp"とタイプして、下のような結果が返ってくれば、ネットワークも正常に使える状態になっています。

pingの結果

Debian GNU/Linux(lenny)をインストールしてみる:インストール編(5)

ここまで来たら、後もう少しです。

ソフトウェアの選択

ソフトウェアの選択

サーバをどんな用途で使うのかを指定することで、その用途に合わせたパッケージをインストールするため、ソフトウェアの選択では、ウェブサーバ、DNS サーバといった選択肢を選択するようになっています。
ここでは、必要最低限のパッケージだけを入れたいので、標準システムにだけチェックを入れて続けるボタンをクリックします。

Debian GNU/Linux(lenny)をインストールしてみる:インストール編(4)

ベースシステムのインストールが終わるとユーザ関連の設定を行うパートになります。

ユーザ情報の設定

ユーザ関連の設定(rootのパスワード)

システム管理用のrootアカウントのパスワードを設定します。
ここで指定するパスワードを使ってrootアカウントでログインすることになるのですが、rootアカウントはファイルの読み書きや削除やプログラムのインストールなどをなんの制約も受けずに実行することができるアカウントですのでパスワードの扱いには注意しましょう。

パスワードを入力しても、入力した文字が表示されることはありませんので、ここで入力したものは必ず覚えておきましょう。

Debian GNU/Linux(lenny)をインストールしてみる:インストール編(3)

ネットワークの設定が完了すると、インストール先となるディスクの設定を行っていくステップに入ります。

ディスクのパーティショニング

ディスクのパーティショニング(方法の選択)

インストーラの説明にもあるとおり、手動で細かく設定してゆくことも出来ますが、今回はインストーラにお任せで進めていきますので、"ガイド - ディスク全体を使う"を選択した状態で、"続ける"ボタンをクリックします。

Debian GNU/Linux(lenny)をインストールしてみる:インストール編(2)

インストーラが起動したところで、実際にインストールを進めていきます。

Debian Installerの起動画面

インストールはインストーラの指示通りに進めていけば、それほど難しこともないので、サクサク進めていきましょう。
カーソルキーで"Graphical install"を選択して、"Enter"キーを押します。

格安サーバが、一段と面白い

最近はタワーサーバが度々安売りされることが多くて、こないだなんて実質7,980円とバナナの叩き売りもビックリな値札が付いていたものがあったりしましたが、ここにきてHPがさらに魅力的なモノを出してきたというお話。
#その安売りの流れのおかげで、Express5800/110Geが買えたのは、以前のエントリーに書いたとおり。

高さわずか26.7cm、幅21cm、奥行き26cmという省スペースの筐体に、低消費電力のAMD Athlon™ II NEO N36Lを採用し、また従来機の半分以下の容量のパワーサプライを搭載し、小規模オフィスでの使用に適した静音性も実現しました。

日本HP - HP ProLiant MicroServer - 製品概要

エントリークラスのタワー型サーバが売れまくっているので、そこのシェアをさらに拡大(しつつ利益の最大化を)しようというのが目的なんでしょうね。
#あまりにも叩き売り状態になってて、儲けが出てるのか疑問視する声もちらほら聞こえますし・・・。

他の格安サーバと比較してもスペック的には遜色なし。筐体がコンパクトな専用設計な上に、静音性も考慮しているという点は、ホームユースで考えたら、とっても魅力的かも・・・。

#ってか、このサイズのMacが出て欲しくなってきたゾ。

Windows Home Server以外で使えそうだよね

Windows Home Serverを搭載したホームユース向けサーバがいくつか出てきていますが、これなんかは、比較的コンパクトなので、結構よさげですねぇ。

ASUSからWindows Home Server搭載の家庭向けサーバー「TS mini」が発売された。小型ながら拡張性に優れ、オリジナルのアドインも追加された注目の製品だ。その実力を検証してみた。

【清水理史の「イニシャルB」】 Windows Home Server搭載の小型ホームサーバー ASUSTeK Computer「TS mini」 -INTERNET Watch

その上、少しゴニョゴニョすれば、WHS以外のOSも入れられそうな雰囲気。

まず、ケースを開ければ、すぐに気がつくのだが、本製品にはVGAコネクタが用意されている。バックパネル側で隠されているため標準のままでは使えないが、カッターなどで接続部分を切り取ればディスプレイを接続することが可能だ。

【清水理史の「イニシャルB」】 Windows Home Server搭載の小型ホームサーバー ASUSTeK Computer「TS mini」 -INTERNET Watch

保証無しの自己責任で、Linux入れてメディアサーバとして使う、というのもありだなぁ・・・。
OS無しのNASベアボーンで売ってくれればいいのに。

Atomなサーバ向けボード

以前も、SuperMicro製のAtomマザーが出てましたけど、今回は新しいAtomとほぼ同時に出てきましねぇ。

X7SPA-HはGPUを統合した新型のデュアルコアAtom D510(クロック1.66GHz)を搭載したMini-ITXマザーボード。Intelの「D510MO」など、既存の新型Atom搭載マザーボードはSerial ATAポートが2基だったが、この製品は6基と多く、またx4モード動作ながらPCI Express x16スロットを備えるのも特徴だ。

新型Atomのサーバマザー発売、SATA6ポート搭載 PCIe x16スロットも

そこそこのスペックでいいから台数並べたい、という用途向けに意外と売れていたのかも知れませんね。
メモリも4GBまでいけるしSATAも6ポートと、家庭内でのNAS的用途で使う分には個人的にも欲しいなぁと思うけど、流石SuperMicro、高いのが難点・・・。

これ、安いなぁ〜

Intelから新しくリリースされたCeleron E3200ですが、これ結構安くて良いかも。
なにぶん、

今回発売されたCeleronは、シリーズ初となる仮想化支援機能のIntel VT(Intel Virtualization Technology)をサポート。Windows 7の目玉機能でもある「Windows XP Mode」を使うにはCPUによる仮想化支援機能が必須であり、安価で入手できるローエンドのCeleronシリーズでもIntel VTがサポートされたことはトピックと言えるだろう。

VT対応/キャッシュ1MBのCeleron E3200が発売、実売約5千円

という点に、惹かれるんだよねぇ〜。
今、Express5800に積んでるPentium Dual-Core E2200とほぼ同等の仕様だけど、ほんのちょっとだけクロックが高い分、処理性能は向上するんだろうし、発熱量は逆に落ちそうな感じ・・・。

ちょっと試してみようかなぁ〜。

110GeのCPUを換装

E5300狙い、とか書いておきながら、木曜日にPentium Dual-Core E2200の中古を買って、換装しちゃいました。
#しかし、Core2 Duo E7200の中古 5,180円。見つけた時に、即捕獲すべきだったな〜。

自宅サーバーでマルチコア(マルチCPU)を使うのは、Celeron 300AMHz×2以来。時々、htopとか"cat /proc/cpuinfo"を実行して、ニンマリしてたり・・・。
とりあえず、換装から60時間以上経過したけど、熱的にも性能的にも問題なさそうなので、しばらくはこの構成で使ってみようっと。

ちなみに、Celeron 430との比較では、コア単体で1.2倍、CPUとしてみるとほぼ2倍の性能って感じなのね、E2200。
E2200換装直後に実行したunixbenchの結果は、こちら

AVGを8にしてみたら・・・

昨晩、アキバの某ショップの通販で買ったメモリをExpress5800に取り付けた。まぁ、メモリ自体には問題が無かったのだけど、ふと気が付くと、もう1台あるサーバからのメールが配信されてこない。
慌ててチェックしてみたら、dk-filterでのチェック(Express5800側にやらせている)が失敗している。

まぁ、原因は

MTAとの連携も、前回と同じように、amavisdから呼び出すよう、/etc/amavis/conf.d/15-av_scannersを修正後に、amavisdを再起動すればいいのだけど、avgdが待ち受けしているポートが変わっているので、その点を注意。

AVGを8にしてみる - Soukaku's HENA-CHOKO Blog

だろうな、と言うことで、いくつか設定を変更した。

  • lsof -i:54321の結果、avgtcpdがこのポートでLISTENしていた
    • いやね、この時点でへんだな、と気が付けば良かったんですが・・・。どういうことだったのかは、後半にて。
  • dk-filterのLISTENポートを54321から12345に変更
  • postfixのmain.cfに記載してあるmilterの設定で、dk-filterの部分を、前項にあわせて変更
  • dk-filter、amavisd、postfixを再起動

AVGを8にしてみる

以前、インストールしたAVGが、サーバを更新したどさくさで動いていなかったので、改めてインストールし直したので、メモ的エントリー。

ほんとに、ふとした思いつきで、AVG AntiVirusのLinux版を入れてみたので、備忘録的にメモ。

ふと思い立ったので、AVGを入れてみた - Soukaku's HENA-CHOKO Blog

7.5だったのが、8.5になっていたのだけど、非商用および個人利用は、相変わらず無償なので、安心して使えます。

AVG Anti-Virus Free Edition 8.5 for Linux

Basic antivirus protection for Linux/FreeBSD available to download for free. Limited features, no support, for private and non-commercial use only.

AVG Free - Download installation files & documentation

紆余曲折のセットアップ

その後、Express5800/110Geはどうなったかというと、無事セットアップは完了しました。

先のエントリーにも書いたとおり、壊れた旧サーバからHDDを移植するぐらいで、手間はかからんだろうと思っていたのが、どうやら間違いだったようで、シングルユーザモードではちゃんと起動するのに、マルチユーザモードに移行するとエラー出まくりで、ログインプロンプトまで行かない状況。

Express5800/110Ge到着!

ブツが到着したので、早速開梱して、セットアップしました。

まぁ、セットアップといっても、壊れたサーバからHDDとNICを引っこ抜いて、載せ替えてあげただけなんですがね〜。
VMWare ESXiとかXenServerとか動かしてみたいけど、それはまた次の機会に、って感じです。まずは、普通に動かして復旧させるのが先なのですよ。
#それ用は、またタイミング見てポチっとな、すればいいわけで・・・。

サーバ、ぶっ壊れたので・・・

水曜日のこと、仕事から帰ってきたら、サーバがダウン。どうやら、熱でやられたらしく、どう頑張っても起動の途中で止まってしまうので、一発奮起してサーバを新調することに。

このため、静音・省電力の自宅サーバの構成を考えてみました。ATOM搭載のマザーボードを使用し、ケースも静音を謳うものを選択。サーバとして使用するためサウンドボードも光学ドライブも不要です。

[-*煙猴*-]: 静音・省電力の自宅サーバを考える

ということは前々から考えていたのだけど、あんまりお金もかけられないし、アキバまで買い出し行く時間も取れなさそうだったので、とあるMLで情報の流れていたNECのExpress5800/110Geをポチッとな、しました。なにしろ、今なら2000円引きのクーポン付きで、さらにお得だったんだもん。
HPのML115 G5も安くていいなぁと思ったのだけど、予約受付だけで出荷日未定だったので、こちらは断念せざるを得なかった・・・。

Express5800/110Ge、色々調べてみると

  • メモリは、ECC無しのモノが使える(混在はダメだけど)
  • CPUもLGA775であれば、XeonやCore2 Quadに換装可能

ということらしく、ケースの作りも良いようなので、結構長く遊べ使えそうな感じ。
とりえず、到着するのが楽しみです。

IONマザー発売開始

省スペースPC向けでは、本命といえそうな、IONプラットフォームのマザーボードが発売になったようです。
GPUが強力な分、メディアセンター的な使い方には向いていそうですね。

Atom標準の945GC/945GSEチップセットよりもチップセット内蔵GPUが強力で、そのうえPureVideo HDやCUDAもサポート。NVIDIA曰く「Intelの10倍のグラフィック性能がある」とされ、過去にAtom 230搭載機でのBlu-rayが再生デモ(CPU負荷40%前後)なども行われている。

IONマザーが初登場、Atom 230搭載で1.9万円

最大メモリ容量が8GBなのは、サーバ用途でも嬉しいと思うのだけど、今までのAtomマザーと比べると価格差が1万円近いのはなぁ〜。

スキルチャージでWebサーバ導入キット?

すでに、締め切られちゃいましたが、一応申し込んでみました。>Microsoft スキル チャージ プログラム ‐ 第 3 弾

とりあえず、自分的には条件クリア出来るしね。
それに、OS + ハードウェア + 参考資料 で軽く10万オーバーですもの。やっぱり、自分から動かなくちゃ、何事も始まらないしね〜。

ただ、現時点では何も反応がないので、ちょっと不安に感じていたり・・・。

Webサーバ導入キット

dkim-filterの"key retrieval failed"対応、再び

以前も出ていた、dkim-filterが吐いていた"key retrieval failed"といいエラーメッセージ。
とあるMLのメールに、自分が返信したメールが届かないので、再び調べてみることに。

とりあえず、放置しておこう。とりあえず、メールこなくて困る相手じゃない(メーリングリストサービスの配送サーバの1台らしい)ので。

dkim-filterでエラー - Soukaku's HENA-CHOKO Blog

前回調べた時も、あまり同じような事象を見つけることが出来なかったのだけど、

If you compiled with QUERY_CACHE, it will maintain old keys in an internal
cache for up to the TTL of the record it retrieved. Without that it
re-queries the key from DNS each time, relying on the nameserver's cache
instead.

Re: [dkim-milter-discuss] SSL Error

というのを見つけて、「そういえば、bindのquery cacheはクリアしてないや」ということで、"rndc flush"してみた。
これで解消してくれればいいなぁ、と思いながら、今は様子見です。

こいつは人気が出そうなAtom搭載マザボ

Atomなマザーボードというと、メモリ2GBまでというのが殆どだったけど、ここへ来てメモリスロット2本搭載のマザーボードが発売になったようで・・・。。

これまで多数のマザーボードが発売されてきたAtomだが、「デュアルチャネルメモリアクセスが可能」と明示された製品はこれが初。2本のDDR2 DIMMスロットはそれぞれ2GBモジュールまで対応しており、これまで2GBが上限だったAtom 330搭載品では初めて最大メモリ4GBを実現しているのも特徴だ。

デュアルチャネル/4GBメモリ対応のハイスペックAtomマザー発売

サイズが一つ上のMicro-ATXとなったおかげで、拡張スロットも増えてるけど、今までのAtom搭載ボードと比べても、高いと思わせる価格ではないので、それなりに売れそう。

LANインターフェイスが10/100Base-TX対応であることや、PCI Expressスロットが通常のx1対応である点は残念だが、

デュアルチャネル/4GBメモリ対応のハイスペックAtomマザー発売

なんて、用途次第ではなんとでもなるもんなぁ〜。