タグ「Hyper-V」が付けられているもの


個人的には、目からウロコのVMWare Playerの使い方

Mac miniが来て、いろいろやりたかったことをやっている最中なんだけど、(直接関係しないんだけど)やりたことの一つである仮想環境の作り直し(Hyper-V → VMWare ESXi)を、ちまちまとやっていたり。
Hyper-Vは操作するためのクライアントに対する要求が多すぎるし、ちょっとしたコトでHyper-VサーバとHyper-Vクライアントの間の通信がうまくできなくなっちゃうというのが多くて、そのあたりをクリアするのがとっても面倒という印象しかないんだよね。
#そんなわけだから、仮想マシンつくって遊ぶということも、自由にできなかったのだな。

ESXiは会社でも便利に使っていることもあって、とっとと移行したかったのですよ。気軽にやるなら、Mac miniにVirtualBoxでも色々できるけど、それはそれとして。

で、サイトから落としてきたESXiのISOイメージをDVDに焼いて、Express5800/S70SDに刺したUSBメモリにESXiをインストールしようとしていたのだけど、インストーラがうまく上がってくれない。いろいろ調べてみたら、

別のPCにVMware Playerを入れてそこでインストールする。

VMware ESXi 4.1のインストーラーがエラーを吐く件 - どんごどんご

という、目からウロコな解決方法を書いていてくれた人がいるではありませんか。
ということで、そのページを参考に仮想環境用のS70SDに一時的にWindows 2008 Serverを入れて、その上でVMWare Playerを動かして、ESXiをUSBメモリ化するところまでは成功。
一応、NICを認識は織り込み済みとしてESXiが起動するところまでは確認したので、NICを認識されるための悪戦苦闘をこれから始めるです。

Hyper-Vサーバ再構築中〜

予選は終わったわけですが、それほど数を入れられたわけではないので、多分予選は通過できなかったでしょう。

で、予選が終わった直後から、突然Hyper-VマネージャとHypser-Vサーバの間の通信が出来なくなってしまったので、現在サクッと再構築をしていたりします。どう頑張っても、「RPCサービスが利用できません」とか出てくる・・・。
#これだから、Windowsってヤツは・・・。

仕事では、VMware ESXiを使っているので、どうしても比較になってしまうのだけど、使い易さという面では、やっぱりESXiのほうが良いなぁ〜、と・・・。少なくとも、ESXiサーバとvSphereクライアントの間が通信できなくなるってことは、今のところ起きてないしねぇ。

とりあえず、この土日で何とかしたいところですが・・・。
#また、OSのインストールから始めないと。

予選終了〜

ついさっきですが、予選終了となりました。>INSTALL MANIAX 3

課題に関しては、10に満たなかったので、多分突破は無理でしょうねぇ・・・。思っていた以上に時間取れなかったし、意外と楽勝で入れられると思ってたソフトで苦戦したりと、微妙にモチベーションが上がらなかったというか。

入れたれたヤツについては、おいおい簡単なインストールメモをエントリーにしていきたいと思います。
#XOOPSは再挑戦しよう・・・。

現時点では、こんな感じ > INSTALL MANIAX 3

モノが来て、10日ほど経過して、だいたい準備が整ったような気もするので、現状の整理。

Hyper-V、Web Server周り

Hyper-V Server 2008 R2自体は、マシンが届いた翌日にはインストール出来てたのだけど、それをリモート管理するための環境を作るので四苦八苦。
Vista Home Premiumでうまくいかなくて、7 RTM入れてもうまくいかなくて、結局Vista Home Premiumの動いているNettopにVMware Playerを入れて、それにWindows Server 2008の評価版をインストール。それでやっとHyper-Vマネージャが動くようになったので、リモート管理もOK。

管理できる環境が出来てしまえば、Windows Web Server 2008 R2のインストールからIISの起動までは、それほど難しくはなかったかな?ただ、IIS使い慣れていない分、細かい設定をどうやったらいいのかが判らない、というのがホントのところ。GUIベースで設定できるというのも便利といえば便利なのかなぁ?
Hyper-V判定ソフトも、公式ブログの通りに入れて動くのを確認したので、とりあえずレギュレーションは満たしたと思う・・・。

まずは、PHPをインストール

Windows Web Serverの基本設定も終わったところで、早速PHPをインストールしてみた。

とりあえずは、公式ブログのエントリーを参考にやってみたのだけど、Internel Server Errorが出て、PHPのインフォメーション画面すら表示できない状態だったので、PHPのバージョンを5.2.12に落としてみることに。

このページを参考に、5.2.12のインストールを進めたら、問題なくインフォメーション画面が表示されました。

ついでに、phpMyAdminもインストールして、無事に動くことが確認できたので、PHPのインストールは成功したようです。
PHPベースのものは、これでドンドン入れて行けそうです。

Hyper-V準備完了 & 予選開始、らしい

機材が届いて、一週間弱。とりあえず、Hyper-V上に課題の前提となるWindows Web Server 2008 R2のインストールまで辿り着きましたよ。これでひと安心。

リモート管理は、Windows Server 2008で

まず、最初に四苦八苦したのは、Hyper-Vをリモート管理する環境を整えること。

どう頑張ってもVista Home Premiumでは、リモート管理ツールが動かせなかった(少なくとも自分のところでは)ので、VMware Player 3.0上の仮想環境にWindows Server 2008 評価版をインストール。
これで、Hyper-Vリモート管理ツールが動いたので、Hyper-Vマシンに接続して、問題なく仮想マシの作成とWindows Web Serverのインストールに成功。(ついでに、もいっこVM作って、Debianも入れてみたり・・・。)

Windows Web Serverのインストールから、IIS7.0の起動までは、それほど難しいモンでなく、サクサクと進行。公式ブログにあるインストールの解説エントリーも参照せずに済んでしまったしなぁ、というぐらい簡単に終わりました。

でも、Vistaで自宅向けにVPN(PPTP)張っておいた上で、VM上のServer 2008からは、上手くHyper-Vに繋げられなかったのは謎・・・。まぁ、Web Serverは起動出来てる訳なので、あとはリモートデスクトップでも大丈夫な作業メインだろうから、それほど問題にはならないだろうなぁ。>VPN経由でのHyper-Vへの接続

実際のマシンは、プライベートLANにあるので、ゲートウェイになっているLinux Boxでiptablesの設定をすれば、公開できるようになるはず。

とりあえず、インストールしたのは

今のところインストール済みは

  • ClamWin 0.95.3
  • zabbix-agent 1.6.7
  • MySQL 5.1.41

の3つ。

あとは、追々課題となっているモノを突っ込んでいく予定。

機材到着 〜 Hyper-V Server インストール完了

待っていた、INSTALL MANIAX 3用の機材が届いたので、早速弄くり回してました。

スペックは、こんな感じ。

  • Express5800/S70
    • Core 2 Duo E7400 (2.8GHz)
    • メモリ 2GB
    • HDD 160GB

110Geと並べると、コンパクトですなぁ〜、S70は。
ふつーに使う分には、それほど問題にはならないスペックだと思うけど、個人的にはメモリが少ないような気がしないでも無かったり・・・。
#DDR2って、この半年ぐらい値上がり傾向が続いてて、高くなっちゃったんだよねぇ。

ところで、もちっと詳しいスペック情報ないの? > INSTALL MANIAX 3

昨日書いたとおり、参加が決まったのは良いとして、送られてくるマシンのスペック、もちっと詳しく知りたいんだがな〜。

公式サイトも、公式ブログも

届いたサーバーは

NEC製Frameサーバー Express 5800/S70(Core2 Duo & 2GB RAM)

です。じゃーん。

Hyper-V祭りで使用するマシンです。 - INSTALL MANIAX 3 公式ブログ

この程度の情報しかないってのもねぇ・・・。

折角、機材が送られてくるというのに、スペックが判らないと、何が必要になる(HDDとか)のか、あたりが付けられないのだが・・・。
個人的には仮想環境を沢山作るつもりで居るので、HDD増設とメモリ増設は必須かなぁ、とは考えているのだけどねぇ。

参加決定、らしい> Hyper-V祭り

「当たったら儲けモンだよなぁ〜」と思って申し込んでいたら、

大会事務局より無償提供されるNEC製Frameサーバー Express 5800/S70(Core2 Duo & 2GB RAM)にMicrosoft Hyper-V Server 2008 R2をダウンロードおよびインストールしサーバー仮想化環境を構築します。その上に無償提供されるWindows Web Server 2008 R2を仮想OSとしてセットアップし、与えられた課題ソフト、またそれ以外を期間中にどれだけインストールできるかを競うコースです。

インストールマニアックス3 Hyper-V祭り

これの、当選のお知らせのメールが、今夜届きました。わーい。
#今年の運は、これで全部使ったな、多分・・・。

ということで、来週の始めに、それ用のマシンが届くようなので、年末年始はこれで遊べそうです。

とりあえず、課題以外でやりたいことは

  • Hyper-V上にLinuxをインストールして、現行のセカンダリDNS/セカンダリMXサーバの代替環境をつくる

ってトコぐらい、かなぁ〜。
追々やりたいトコが出てくるとは思うけど、VMいっぱい作るようにすると、メモリとか何とかしないといけなさそうなので、その辺も考えねば・・・・。