タグ「IPv6トンネリング」が付けられているもの


Vyatta で IPv6 トンネリング (対 tunnelbroker.net 編)

そういえば、前にも IPv6 トンネリングでつないだことあったなぁ、というのを思い出した。

ハマり気味だったIPv6トンネルがちゃんと張れるようになって、IPv6でアクセスできるようになったので、備忘録がわりにエントリー。

[From VyattaでIPv6トンネリング - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

その時は、IIJ が対抗先だったんだなぁ…。
で、今回の tunnelbroker.net に関しては前に書いたとおり、

設定に関しては、”Tunnel Details” の中にある "Example Configurations" タブをクリックすると、設定したい機器やOSごとの設定サンプルを生成してくれるフォームが表示されます。(さすがに、YAMAHAのRTシリーズのサンプルはないけど。)

[From Feel6 から tunnelbroker.net に変更しました - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

取得した IPv6 トンネルの情報を使って、設定したいOS、機器の設定を自動生成してくれるので、とっても楽ちん。

Feel6 から tunnelbroker.net に変更しました

前のエントリーで、まったく Feel6@DTI に触れることなく終わってましたわけですが、

ということで、どーにかせにゃならんのだけど、トラブル続きだったgogoNETに戻るのもなんだしなぁ…。
#一番いいのは、Editnetが対応してくれることなんだがなぁ。

[From FB Feel6接続サービス 終了のお知らせと feel6@DTI - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

どーにかしなくちゃいけないのは、変わりがないので、思い切って接続先を変更することにした。
Feel6@DTI にすれば、今ある設定ファイルをちょこっと直すだけなんだろうなぁ、とは思うのだけど、ケチケチモード発動でフリーでいけるトコロということで、Hurricane Elctric が提供する Free Tunnel Broker サービスにしました。

tunnelbroker.net Top

世界規模での IPv6+IPv4 でのトランジットサービスをやっていて、その付随サービスとして、IPv6 トンネル接続サービスを提供している会社のようですね。

IPv6 トンネル接続の接続先変更

前のエントリーで、まったく Feel6@DTI に触れることなく終わってましたね。

ということで、どーにかせにゃならんのだけど、トラブル続きだったgogoNETに戻るのもなんだしなぁ…。
#一番いいのは、Editnetが対応してくれることなんだがなぁ。

[From FB Feel6接続サービス 終了のお知らせと feel6@DTI - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

で、結局、Hurricane Electric が提供している Free IPv6 Tunnel Broker サービスを使うことにしました。いけるトコまではケチケチ・モードで無料で使えるトコロでやっていこう、ということで…。

まずは、Sign up

とにかく、Sign up しないと始まらないので、さくっといきます。
アカウント、連絡先となるメールアドレス、名前、住所などを入力して regist するとメールが送られてくるので、そのメールにある仮パスワードを使って、サイトにログイン。

ログインしたら、イの一番でパスワードを変更。
それが終わったら、画面左のメニューに有る "Create Regular Tunnel" のリンクをクリックして、トンネルの設定を行う画面に行きます。

Create Regular Tunnel をクリック

FB Feel6接続サービス 終了のお知らせと feel6@DTI

Twitterに流れていたのを見て知ったのだけど、メールも来ていた。>サービス終了のお知らせ

IPv6のサポートは、NTT東日本及び西日本において、2011年6月より「フレッツ光ネクスト」の接続サービスで対応を開始し、さらに、2011年4月よりKDDIも「auひかり」において対応を開始したことでユーザーが望めはIPv6環境も利用できる状態になったことから、本サービスにおける一定の役割を終えました。
つきましては、2013年7月31日をもちまして、本サービスを終了させていただくこととなりました。

[From FB Feel6接続サービス| アナウンス |]

とは書いてあるけどさー、固定IPを払いだしてくれるプロバイダでは、まだまだだと思うんだが、IPv6接続。

ということで、どーにかせにゃならんのだけど、トラブル続きだったgogoNETに戻るのもなんだしなぁ…。
#一番いいのは、Editnetが対応してくれることなんだがなぁ。

IPv6トンネル使い始めて、気がついたことが幾つか

トンネル接続だけど、IPv6 Reachableになって2ヶ月ちょっと経過したので、気がついたことをいくつか書いてみる。

意外と、v6でアクセス出来るWebサイトは多い?

別のエントリーにも書いたけど、Webアクセスという点ではIIJDTIKDDIなど、IPv6でアクセスしていることが明確に判るようにしているところ以外でも、すでにIPv6 Readyが結構あるような感じ。
前のエントリーにあるとおり、YouTubeは部分的にIPv6アドレスを持つサーバからコンテンツの配信をしているようだし、日本だと@niftyは積極的にIPv6化を進めているみたいで、ココログにアクセスしてもIPv6でつながるようですね。

何回か書いていますが、うちはSquidを経由させることで、IPv6アドレスが割当たっているWebサイトは、ほぼIPv6でアクセスできている模様。6to4接続の時は、結構見れないIPv6サイトあったので、トンネル接続するならfreenet6の方をお勧めしたいんだけどねぇ...。
#Squid通さないと、IPv4が優先されるのは、Mac OS XもWindowsも一緒なんだよね...。

gogoNETとIPv6トンネル接続 (その2)

とりあえず、匿名モードでのfreenet6への接続には成功したので、アカウントを取得して接続してみるのにチャレンジしてみた。

gogoNETへの接続はインストールしたママの状態だと、匿名での接続なのだけどアカウントを取得してそのアカウントを使って接続するようにすれば

[From gogoNETとIPv6トンネル接続 | Network - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

これがうまくいくと、/128のアドレスと、内部ネットワーク用に/64のアドレスが割り当てられるようなので、そのあたりもどうなるのか試してみたかったわけですよ。

まぁ、設定してみよう

gogocパッケージをインストールした時の/etc/gogoc/gogoc.confは、匿名接続用に調整されているので、これをユーザ認証接続向けの設定に書き換えていくのだけど、何はともあれ、まずはFreenet6に接続するためのアカウントを取得することが最初のステップなので、このページで、アカウントを作る。

Freenet6でアカウントを作成

ココで作ったアカウントとそのパスワードは、gogoc.confに書きこむことになるので、どっかに控えておきましょう。

gogoNETとIPv6トンネル接続

6to4以外にも、IPv6トンネリング接続が出来る所があるので、そっちと接続してみる。
gogoNETというトンネル接続サービスがフリーで使えるのと、Debianだとそことの接続用クライアントがgogocというパッケージで存在しているので、とっても簡単に接続出来てしまうのですな。(v4のグローバルIPは必要なんだけど。)
インストール自体は、"aptitude install gogoc"一発で終了。

# aptitude install gogoc
以下の新規パッケージがインストールされます:
gogoc
更新: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
105 kB のアーカイブを取得する必要があります。展開後に 422 kB のディスク領域が新たに消費されます。
取得: 1 http://cdn.debian.or.jp/debian/ sid/main gogoc amd64 1:1.2-4 [105 kB]
Fetched 105 kB in 0秒 (286 kB/s)
Selecting previously unselected package gogoc.
(データベースを読み込んでいます ... 現在 84168 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../gogoc_1%3a1.2-4_amd64.deb から) gogoc を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
gogoc (1:1.2-4) を設定しています ...

VyattaでIPv6トンネリング

とりあえず、

v4なPPPoE接続は、ググれば設定例がいくつも出てくるので、、その辺を参考に出来たのでそれほど苦労はしなかったけど、IPv6のトンネル接続でちょっとハマリ気味ぎみに。

[From Vyattaでルータを組んでたり | Software - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

ハマり気味だったIPv6トンネルがちゃんと張れるようになって、IPv6でアクセスできるようになったので、備忘録がわりにエントリー。
今回は、

  • IIJ FiberAccess/F + IPv6トンネリングサービス

での設定事例ということで。