タグ「Mac」が付けられているもの


Fusion Drive の不調が原因でした

不調なまま、放置プレイ状態になっていた Mac mini ですが、とりあえず Fusion Drive を構成している SSD の不調が原因で起動しなくなったと想定して、SSD の取り外しを敢行したところ、

ディスクがお亡くなりになったと予想していますが、うちの Mac mini 、以前書いた通り Fusion Drive 化してあるので、SSD が HDD のどちらか、もしくはその両方が死んだとなると、ちょっと痛いなぁと。さらに HDD は 1TB のものに換装済みでしたし…。

[From Mac mini 起動せず - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

OS X 復元モードで起動して、ディスクユーティリティで HDD を認識できるように!

ということで、HDD の再フォーマット後に、Time Machine でのバックアップデータから復元を実行。途中、データの転送速度の低下はあったものの 8 時間ほどかかって、ようやく復旧した次第。

SSD も生きてました

とりあえず、 Fusion Drive は使わない形にしてしまったので SSD が浮いた形なったわけですが、ディスクユーティリティでのフォーマットが出来たので、まだ正常に使えそうな感じ。せっかくなので、何か別の用途にまわすことにしましょうかね。

なんにしろ、出費なしに復旧できたのでラッキー、ということで…。

Mac mini 起動せず

金曜の夜半に「あれ?固まったかな?」と思いつつ、電源ボタン長押しで再起動を試みた Mac mini 、それ以降一向に起動してくれなくなりました…。orz
起動音鳴るし、アップルマークも表示され起動状況を示すプログレスバーも全部進行した状態になるのに、そっから先に進まないのです。

ディスクがお亡くなりになったと予想していますが、うちの Mac mini 、以前書いた通り Fusion Drive 化してあるので、SSD が HDD のどちらか、もしくはその両方が死んだとなると、ちょっと痛いなぁと。さらに HDD は 1TB のものに換装済みでしたし…。

いずれにしろ、すぐ対処できないんで、動作試験用兼予備機的に使っていたノート PC で凌ぐしかなさそう…。
#iPhone の母艦なので、復旧させないといろいろと、ねぇ…。

Karabiner で Progres Touch RETRO のキーアサインを変えてみた

先のエントリーを書いたあとも、ちょこちょこと設定をいじったりしていて、なんかいい具合になったので、再び書いてみる。

スペースキー右側ですが…

さて、上の写真。工場出荷状態と変えているんですが、どこが変わっているでしょう?

物理的なとこでいえば、App と Alt のキーキャップを入れ替えてあるのですが、スペースキー右側の 4 つのキーアサインは、DIPスイッチで電気的に切り替え出来ないので、キーキャップを入れ替えただけでは見た目が変化しただけ。
物理的には 4 つあるキーも、OS からは Alt 、 App 、 Ctrl の 3 つしか見えてないようですし…。

ということで、ここで Karabiner に登場願ったわけですよ。

そのためのツールとして、 Karabiner というキーボードマッピングをカスタマイズするツールが有るようなので、これを使えばうまくカスタマイズできそうなので、チョット試してみようかと思います。

[From Progres TouchRETRO を OS X で使う - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]
Karabiner - 高機能で安定性も極めて高いOS X用のキーボードカスタマイズツール

Progres Touch RETRO を OS X で使う

やっと買いましたよ。> Progres Touch RETRO の赤軸
まだ使いはじめて1日しか経ってませんけど、簡単に使用感などを書いてみる。

打鍵感は、前評判通り

まだまだ大量に文字入力してないんで、ほんとにチョット使っただけの感想ですけど、キータイプの感触とか音は、とてもいいですね〜。キーを叩いた時のカッチリとした応答とか、流石 Cherry MX スイッチ、というところでしょうか。Cherry MX スイッチを採用したキーボードを使うのは初めてなので、他の色の軸の事は判りかねますが、前に使っていたキーボードと比べると打鍵音は少し大きめかな、と思いますが、音質的には不快なものではないので特に気になるもんではないです。

直前まで使っていたキーボードは、メンブレンタイプ。しかも、長く使っていた関係もあってヘタリ気味のキーがいくつかあったりしたんで、それと比べたら格段に良くなったなぁ、と思うのは当たり前かもしれませんね。

早速、カスタマイズしてみた

さて、Progres Touch RETRO にした最大の理由は、DIP スイッチで一部のキーの入れ替えが容易にできること。中でも、 Windows キーと Alt キーの入れ替えが簡単に出来るということで、早速入れ替えてみた次第。

左Ctrlキー周辺の出荷時状態

まず、初期状態。スペースキー左側は、左から Ctrl 、 Windows 、 Alt の順に並んでいて、Windows キーが Mac で言うところの Command (⌘) キーとして、Alt キーが Option キーとして 動作します。
キーボード背面の DIPスイッチの 3 番を on にするとハード的に Windows 、 Alt のキーアサインがひっくり返って Ctrl 、 Alt 、 Windos (Mac 的に言うと Ctrl 、 Opttion 、 Command )の順に。これで、機能的には Mac の ASCII 配列と、ほぼ同等になったわけです。


そろそろキーボードを新調しようかと思うわけですが

ここ数年 、 Logicool の S530 for Mac というマウスとセットになっていたワイヤレスキーボードを、使い続けていたのだけど、キートップに印刷された文字がかすれたり消えたりしているキーがちらほら目立ってきたし、タイプした時に動きが渋く感じるキーも出てきているので、そろそろ買い換えたいな、と思っているわけですが…。
#よく考えたら、10年近く使ってるかもしれない…。

Mac 用のキーボード、そもそも選択肢が少ない上に、 US 配列となるとさらに少なくなるんですよね。Windows 用キーボードでも使えないわけではないですけど、その辺のを適当に買ってきて使う手もあるわけですが。
何も悩まずに、 Apple 純正にするってのもあるんでしょうけど、なんとなくアイソレーションタイプのキーボードには食指が動かないので、それ以外で良いものはないかと、探していたわけですが…。

Yosemite のレスポンス、やっと改善されました

Yosemite にしたら日本語入力でもたついてた件、

最終的には、環境設定のアクセシビリティの中にある「透明度を下げる」というチェックボックスにチェックを入れたら、「大幅に」レスポンスが改善されましたよ。orz

[From Yosemite のレスポンス低下は、「透明度を下げる」のチェックで解消、か? - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

一応解決していたように見えたのですけど、先日の 10.10.3 へのアップデート以降、セカンダリ・ディスプレイの表示が乱れるという事象が発生しまして…。

調べてみたら、次のような記述のある Blog を発見。

アクセシビリティの設定で、次のようにアクセシビリティの設定で「コントラストを上げる」「透明度を下げる」の設定をONにすると解決しました。

[From Yosemiteで遭遇した問題 - AOEの日記]

「コントラストを上げる」は設定していなかったので、早速試してみたところ、表示の乱れが解消。文字入力も微妙に遅くなることがあったのも、合わせて解消したようです。いや〜、良かった良かった。

でも、この「コントラストを上げる」を設定することで、ボタンやスクロールバーの描画がはっきりと変わったことがわかるので、そこに微妙な違和感が…。
多分、そのうち慣れるんでしょうけど…。

「コントラストを上げる」がOFF「コントラストを上げる」をON

1TB HDD 取り付け完了〜

ぽちっとな、した HDD が届いたので早速取り付けるなどしてみた。
Mac mini は、結構バラしの難易度高い、ってのは聞いていたので、前もってばらし方の解説をしているWebページを探しておいたりとかしてから、取り掛かったけど、たしかに大変でしたわ。

今回は、SuperDrive を取り外してそこにスリムベイ用の HDD マウンタを介して、HDD取り付けることにしたので、全バラだったわけですが、もうちょっとやりたくないかもしれない。HDD だけだったら、全バラにはならないので、次の HDD → SSD ? の交換の時は、未だチョット気が楽かも。

なんだかんだで、1時間ほどかけて、HDD を取り付けて、ドキドキしながら電源入れると、無事認識〜。

この Mac について

容量カツカツなので、 HDD を頼んだ

前にも書いたとおり、Mac mini の内蔵 HDD の空きが残り少なくなっていて、だましだまし使っていたのだけど、そろそろ限界っぽいので、交換用の HDD を注文したでござる。

ホントは SSD も一緒に欲しいなぁとか、SSD 無理なら SSHD か、とか考えたんだけど、無難に HDD だけ。と入っても、7200rpm のやつではありますが。
なんだかんだでお試しで仮想マシンを準備してイロイロやりたいことも出てきているので、どうしてもディスクスペースが必要だし、ということで。ネットワークドライブ上に仮想マシンのイメージ置くと、結構レスポンス悪いのよね…。

SuperDrive がただの CD-Rドライブと化しちゃって随分経ってるので、それを取っ払って、別用途で使うつもりで買ってあったけど結局使わぬままの放置していた スリムベイ用の HDD マウントを使って載せることにして、今の内蔵 HDDはそのまま。いずれ、SSD も載せるつもりですけど、いつになることやら。
#FusionDrive化すれば、当分戦える、はず…。

iOS7 とか Marvericks とか Mac Pro とか

最後まで見るつもりはなかったんだけど、なんだかんだ結局最後まで見てしまった…。>WWDC 2013 Keynote

詳しいことは、各 IT 系ニュースサイトに取り上げられてるので、ほんと個人的な感想など。

OS X Marvericks

とうとう、猫科の動物から離れましたねぇ。
個人的には、

って思ったんで、猫科には繋がってるという認識ですが…。(笑)

とりあえず、今まであまり手の入れてられていなかったマルチディスプレイ関連の機能強化や、OS 自体のチューニングなどが中心になってる模様。派手な機能はあまりないようだけど、10.9 の次に向けての土台作り、という側面もあるような気がします。

個人的にはマルチディスプレイ関連が、気になるトコロですね。

デュアルディスプレイ環境で、ユーザ切り替えすると…

Mac mini をデュアルディスプレイ構成で使っているんだけど、10.8.3 にアップデートした以降、ユーザ切り替えに絡んで挙動がおかしい点が出てきた。

一台の Mac mini を家族(主に妻)と共用しているわけだけど、自分の環境では左の WUXGA をメイン、右の UXGA をサブ、という形で並べていて、

システム環境設定(ディスプレイ)での自分の設定

Mac mini のHDDの残りが 30GBを割り込んでるので、そろそろ手を打たねば

なんだかんだで、Mac mini の HDD の残りが 30GB を切ってしまったのですよ。
つるしの Mid 2010 なので内蔵 HDD は 320GB なのよね。iTunes や iPhoto のデータも増えてるし、VirtualBox でちょっとしたテスト環境作ると、それて容量食われるし、ってんでマジに手狭になってきてる。

VirtualBox のデータは、サーバ上の iSCSI ディスクなんかを netatlk で共有したとこに置いた事もあったんだけど、サーバが止まってる時にはニッチもサッチも行かなくなっちゃうし、実際 ESXiで動かしてた OpenFiler でサービスしてた iSCSI 領域に、vSphere Client が入ってるWindows の vmdkファイル置いてるのに、OpenFiler がトラブって ESXi 強制再起動しなくちゃいけない状況になったことがあったので、「 vmdk ファイルはローカルに置かないと何かあったら手が出なくなる」ってんで、ローカルディスク上に戻したんだよね。
#だから、vSphere Clietn for OS X きぼー。
#あ、あと面倒な構成にするなって、のもあるか…。

Mac mini(mid2010)でメモリ16GB、無事認識〜

16GBになった

先日のエントリーの後、さくっと注文したメモリが届いたので、早速載せてみたトコロ、正しく8GB×2=16GBと認識されて動いています。
起動直後のFreeMemory Proの画面とか見るとFreeが13GBとか表示されてるのが、とても新鮮です。
早速VirtualBoxの仮想マシン上のWindowsにも4GBのメモリ割り当ててみたりしてますが、やっぱりメモリは載せられるだけ載せておくほうがいいですね〜。

んで、せっかくのネタなのでエントリーしようとスクリーンショットとか撮ってて、DDR3-1333を買ったことに、改めて気がついたり…。

システム情報で詳しくみてみると…

とりあえず、メモリ載せ替えてから、連続稼動24時間経過したけど、問題無さそうな気はする。

16GBにしたら、快適かなぁ?

フィード見てて、「おぉっ!」と思ったのが、コレ。

MacBook,MacBook Pro 13インチ, Mac mini Mid 2010 ユーザーの方に朗報です。これらの機種が、16GB(8GBx2)メモリに対応しました。

[From VC社長日記:MacBook,MacBook Pro 13, Mac mini Mid 2010 が16GB(8GBx2)に対応! - livedoor Blog(ブログ)]

ウチのは、Mac miniはmid2010ですよ!
今も、8GB(4GB×2)だけど、最近はメモリ不足になってFreeMemory Proが動いて何分も待たされる、ということがしばしば起きているので、コレは朗報ですよ。
メモリが増えれば、VirtualBoxの仮想環境へのメモリ割り当てが増やせるだろうし。

6,000円前後で手に入れられるうちに、買ってしまったほうがよさそうなんだよなぁ〜。なんか、円安進行で値段が上がってきているみたいだし。
現に、Amazonの最低価格も2〜3日前にチェックした時より、1,000円近く値上がりしてる。

とっとと、ポチってしまおうっと。

サーバ、作りなおしてました

オークションで手に入れたBroadcomのNICをサーバに刺してみるか、ということでサーバをシャットダウンして、NIC刺して「さぁ、起動〜」と思ったら、OS入れているHDDから断続的なビープ音がして、起動しない…。
TimeMachine用のHDDを追加した時にも、なんかおかしな挙動していたんで、そろそろやばいとは思ってたんだけど…

BIOSでもHDDを認識してくれないので、さっさと諦めて再構築してしまうことに。
最近「サーバのバックアップ、何とかしないとなぁ」と思って、必要なところのバックアップを取り始めていたこともあって、たまたまデータがあったことと、手元に使えるHDDがあったのも、「再構築すればいいや」って判断しやすかった、というのもある。
#どうやっているかは、改めて書くけど、一部にOS XのTimeMachineを組み合わせていたりする。

再構築の手順自体は、昔書いたような

で、インストール完了、データの移行にかけては、こんな手順。

[From T2-P + SATA HDD + Debian | Linux - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

に、近いことをやっているだけど、今回はそれ以外でハマってしまったので…。

Mac mini EFI ファームウェア・アップデート 1.5

何気なく、手動でソフトウェアアップデートをかけてみたら、Mac mini (mid2010) EFI ファームウェア・アップデート 1.5というのが引っかかった。

EFIファームウェア・アップデート

効能は

このアップデートにより、Mac mini(Mid 2010)モデルで、インターネット経由で Lion の復元機能を使用できるようになります。また、電源に問題が生じた場合に再起動する設定が保持されないことがある問題が修正されます。

[From Mac mini (Mid 2010) EFI ファームウェア・アップデート 1.5]

ということらしいけど、そう頻繁に使う機能ではないなー。ま、当てておいたほうが、良さげではあるけどね。復元機能はいつお世話になるかわからんもん。
土日のどちらかでやっておくか…。