タグ「iPhone」が付けられているもの


iPhone SE がマイナーチェンジ、だと…

つい先日書いたとおりなんですけど、いい加減バッテリーのヘタった iPhone 4S をなんとかしたい & 通信費削減したいというのがあて、その流れの中で Wiko tommy を手に入れたわけですが、

ただ、最初考えていた SIM フリーの iPhone SE 手に入れて一気に乗り換え、というのからちょっと計画変更になってまして、まずは手頃な Android スマホを手に入れて格安 SIM に乗り換えてしまうことに…。

[From Wiko tommy を入手したので、格安 SIM への乗り換え計画発動です! - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

iPhone 7/7Plus の (PRODUCT)RED 版追加の裏で iPhone SE のマイナーチェンジキター、ということでちょっと小躍りしております。

16GB、64GBモデルが無くなり、32GB、128GBモデルへと2倍に容量アップしたのです。価格は32GBは4万4800円(税抜)と旧16GBモデルとお値段据え置き。

[From 渇望された128GB登場。iPhone SEが容量倍増でお買い得ぅ!?|ギズモード・ジャパン]

容量倍増ということで、前だったら「64GB だよな〜」と思っていたのが「32GB でいいじゃん!」という感じに。
今使ってる 4S は 32GB モデルですが、それでも十分余裕ある使い方を出来てるんで、無理に 128GB モデルを選ぶ必要もないんですよね。もちろん、容量があればあるだけ使うようになるんでしょうけど…。

まずは、MVNO への乗り換えが最優先ですが、このタイミングでマイナーチェンジしたということは、しばらくは iPhone SE はライナップにあり続けるってことだと思うので、そういう意味ではちょっと安心ですね。

iPhone を買い替えたいな、と思うところではありますが

iPhone 4s にして、そろそろ 5 年になろうかということで、いい加減新しくしたいなぁ、などと考えているわけですが、格安 SIM を提供する MVNO が乱立状態に近い状況ですし、キャリアの料金体系だと家計にも優しくないというのもあるので、 MNP でどこかの MVNO に移ってしまうのが、どうやら良さそうな感じ。

ちょっと試算してみた

ということで、ちょっと試算をしてみたのだけど、支払い方法のこととかを考慮して、MNP 転出先は OCN モバイル ONE
試算条件としては

  • iPhone SE 64GB
  • 一番安いプランで、留守番電話オプションは付ける

としています。今の使い方も、音声通話はほとんどしない、自宅では Wi-Fi に接続しちゃうし、外でも Wi-Fi 使えるところは極力 Wi-Fi で済ませているんで、一番安いパケットプランで十分だろうなぁ、と。
あと、OCN モバイル ONE 移行にあたっては、 iPhone SE は SIM フリー版を購入することが前提。

やっぱり中途半端だったナビゲーション機能(文京区防災地図アプリ)

機会があったら試してみようと思っていた、内包している地図の範囲から大きく外れた場所に行く機会があったので、文京区防災地図を起動してみたところ、前のエントリーで

一番の目玉は、このナビゲーション機能なのだと思うのだけど、文京区全域だけがカバーされている地図データしかアプリ自身に内包していないので、間違いなく区外通勤・通学者が区外からの移動では、ちょっと使えないよなぁ、という気もします。

[From 文京区防災地図というアプリをダウンロードしてみた - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

と予想して書いていたとおり、区外からのナビゲーションは出来なかった…。

そして、iPhone 5

今日から予約開始だったんですなぁ、iPhone 5。
朝、職場に向かうときに、アキヨドの入口前に行列出来てて「なんなんだべ」とは、思ったんですけどね。

それにしても、リーク情報が的確すぎて、発表までのワクワク感は、随分と無くなっちゃったなーとは思うけど、順当にアップデートされるようだし、それはそれで良いことなんではないでしょうか。発表する製品全てにサプライズを期待する事自体が、間違いだと思うし。

自分は、iPhone 4Sにして未だ半年経ってないので、華麗にスルーしますけどね。どうせ、1年後には新しいiPhoneが出るんでしょうから、そっちまで待ちますよ。

CreativeのD80を買った

妻の仕事(英会話教室)用ではあるのだけど、Creative MediaのD80を入手。

レッスンで音楽を多用する上に、レッスン毎に使う曲が違うので、レッスンたびに使う局をCD-Rに焼いて〜、いうのは面倒なので「iTunesでプレイリスト化して、iPhoneで曲データ持ち歩いて、スピーカーだけ準備すればいいじゃん」ということに。
「なら、リモコン付きがいい!」というリクエストだったのだけど、「iPhoneから(Bluetoothで)曲を飛ばせば、リモコンいらないよ」という流れで、手軽なBluetooth対応スピーカーを探していたところに、アキヨドで特価で置いてあるD80を見つけて購入に至った次第。
#通常価格 4,000円弱が、3,000円を切ってた。もしかして在庫処分?

買ってきてセットアップ、と言うほど大げさなことはなく、取説通りにペアリングさせれば、あっさりとiPhoneで認識されて、音楽の再生も問題なし。
D80自体は、メインの電源スイッチと電源LED兼接続ボタンとボリュームスイッチしか無いので操作自体迷うことはないだろうし、一度D80の電源切ってもペアリングした機器のことは記憶されているので、使いたい時にiPhone側から再接続を指示すればOK。

音質は重要ではないんで、とりあえずはコレでしばらくを使っていく事になりそうです。

ヘッドホンをaudio-technicaのATH-CK400iに変えてみた

純正ヘッドホン、横を向いただけとか、ちょっとした事で耳から外れることが多かったので、イヤホンパッドを付けてみたりもしてみたのだけど、外れやすいことには変わりなし。

別に耳が肥えているわけではいないので、純正ヘッドフォンを使い続けても良かったのだけど、あまりにも装着性が良くないので、インナーイヤータイプでハンズフリー通話にも対応できる手頃なのを探していたら、オーディオテクニカから出ているATH-CK400iというやつが、条件的にドンピシャリ。
探せば、もっと安いのもあったようだけど、「オーディオテクニカのだから、大外れはあるまい」的な妙な安心感もあってこれの青をチョイス。

音質面に関しては先に書いたとおりで、あまり気にしていないので不満はなし。インナーイヤータイプで遮音性が高くなった分、iPhone側のボリュームコントロールを、純正を使ってた時よりも1〜2目盛り低くしても十分聞こえるようになったのが、ちょっと嬉しいなぁ〜。
ちなみに、イヤーピースは、最初から装着されていたMサイズは耳に入れにくい感じがしたので、Sサイズに付け替えて使用中。最近になって左のほうが微妙にしっくりとこなかったので、左だけMサイズに戻してみて、ちょっと様子見ようかな?

値段も、アキヨドで1,760円(Amazonだと、それより安い)だし、音にはあまりこだわりはないけど、「みんなと、同じ白いのは嫌」という人には、オススメかもしれません。

iPhoneに乗り換えて、1週間

乗り換えて1週間以上経過したわけですが、すでにiPhoneの無い生活は考えられなくなりつつあったりします。

まず、電話としての印象ですが、今のところ至って普通に使えているので、乗り換えたことでの不都合は全然無いですね
ドコモでは全然アンテナの立たなかったオフィスでも、iPhoneだと繋がるいう感じなので、改善されているなぁ、と。逆に自宅のほうがauの電波が弱いような感じがしますが、繋がらないというわけではなく「若干、状況が悪い、かなぁ?」ぐらいの感覚。

あぁ、あとハンズフリーで通話出来るの便利だわ〜。

iPhone使いになったよ

「ずっと欲しいなぁ〜」と言っていたiPhone、やっとこさ手に入れました。

auのMNP一括0円キャンペーンの話を聞いていたこともあって、月末ぎりぎりまで粘って夫婦二人揃って、iPhone 4Sにしちゃいました。ふたりとも「iPhone欲しいねぇ〜」ってずっと言っていたし、さほどお金がかからずに手に入るならってんで、「えいやっ」っとMNPしちゃった次第。
0円キャンペーン使いはしたけど、結局ふたりとも32GBモデルにしたので、0円ではなかったわけですが、それでもかなりお得であったことは間違いないですね。

ついでに、ISフラットの新規加入で永年無料キャンペーンをやっていたWi-Fi HOME SPOTにも加入したのでHOME SPOT CUBEもお持ち帰りしてきたので、iPhone本体含めて色々とじっているところだったり...。

あぁ、やっぱり新しいガジェットが手に入ると、嬉しいなぁ〜。

SIMフリーiPhone 4が、ちょっと気軽に

結局日本では、SIMロックとなってしまったiPhone 4、海外の通販サイトから購入するという方法を使うことで、SIMフリー版を前よりは簡単に入手できるようになるようです。

eXpansysは世界100カ国以上でiPhoneやiPad、Android端末などを販売している企業。日本語サイトでは、SIMフリーiPhone 4の32Gバイト版を9万3200円、16Gバイトを8万2500円で購入できる(9月17日現在)。決済は日本円で、銀行/郵便振り込み。香港からFedExで届ける。

SIMフリーiPhone 4入手を手軽に 日本通信、英通販eXpansysと提携 - ITmedia News

本体価格は、32GBモデルで10万弱と結構いい額に思えるんですが、SIMロック版はSBからの販売奨励金のようなものがあるおかげで、安くなってるんでしょうね・・・。
件のサイトでは、iPad 3G版(もちろんSIMフリー版)も扱っているようなので、そっちを入手する出来るのかもしれません。

ドコモがiPad用SIMカードを出すことについての妄想

iPad発表直後には「発売したい」って表明をしていたので、正式に「売る」ことを決めたってことなんでしょうね。

山田社長はiPadを「高級Netbook」と位置づけ、PC用データ回線のイメージで回線提供する考えで、iPad用の小型SIMカードの発売準備を進めているという。iPad以外のタブレットPCや電子書籍端末にも、積極的に対応したいという。

ドコモ、iPad用SIMカード発売へ - ITmedia News

iPad自体は、SIMロックされていないということなので、対応するSIMと料金プランさえ用意できるのであれば、iPad向けの回線を売ることは出来るので、iPhoneのキャリアであるソフトバンク以外が出しても問題はない訳だ。
#でも「高級Netbook」と言う表現は???

間違いなく売れるモノに対して対応せずに、指をくわえて眺めているだけ、というのは勿体ないですしね。
NTTドコモとしては、iPhoneの影響を喰らって流失してしまったユーザも多かったのでしょう。だからこそ、機会を逃すまい、と言うことなんでしょう。