iPhone 13に乗り換えました〜

iPhone 13 に乗り換えました〜。
過去のエントリーとかから見ると、だいたい 3 年とちょっと XR 使ってた感じなりますね。

いや〜、買っちゃいましたよ〜。> iPhone XR
既に、OCN モバイル ONE に乗り換えちゃってますから、SIM ロックフリーで良いので、 アップル・ストアでサクッと手続き。

[From iPhone XR、買っちゃったので、到着待ち - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]
13のグリーンとXRのイエロー

おそらく、数カ月後に開催される WWDC で発表されるであろう iPhone 14 の噂もちらついていたので、もうちょっと待つというのもありなのかもなぁ〜と思いつつ、結構 XR のバッテリーがへたり気味だったこともあって 「ま、いっか」という感じで、オンラインで注文して、 Apple ストア丸の内で受け取りという流れ。とはいいつつも、やっすい TP + PPC 製のケースや液晶保護フィルムを 13 よりも先に手に入れたりと、割と買う気満々だったりしてたんですけどー。

色は新色のグリーン。「ブルーもいいなー」とか「PRODUCT RED もいいけど、(オッサンが持つには)派手だよねぇ…」とは思いつつも、そこはあえて新色に。
ストレージのほうは 128GB のものをチョイス。XR も 128GB だったのだけど、 3 年使ってて容量不足だとは感じたことなかった(常時四割程度の空きは確保できてた)し、自分の使い方的には 128GB あれば十分だったので、容量据え置き。

今回、XR → 13 のデータ移行は、iCloud 経由でやりました。最初は、クイックスタートでやろうとしていたのだけど、いざデータ移行というステップまで来ると 13 と XR の接続が切れて、そこから先に進めなかったのですよ。(2 回やって、2 回ともだめだった…。)
といっても、 iCloud 経由のデータ移行でも、そんなに難しことはなく、 5 時間ほどで XR と同じ設定で 13 が使えるようになりました。途中、 Mac 介在させることなく移行できちゃうというのは、お手軽ではありますね。
#下取りプログラム併用した関係で、 XR は返却するためにスカっと初期化して、引き取り待ち状態になってます。

ケーブルが届いたので、10GBaseの実力をテストしてみた

さて、やっと機材が揃ったので、10GBase ネットワークのテストをやってみた。

ファイバーだと割と安いのがあるのだけど、 SFP+ のトランシーバが必要なのでその分高くなっちゃうし、 RJ-45 で 10G 対応しているトランシーバは更にいいお値段なのでね…。

[From Linuxサーバ用に10GBase NICを調達した - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

機材調達に時間かかっちゃたのは、主にケーブル周り。
最初、 DAC ケーブルを注文していたのだけど、それ自体届くまでに時間かかったのと、届いたのでいざ NIC に挿そうとしたら、どうもコネクタの形状の問題で刺さらない。仕方がないので、10GBase-SR用のトランシーバと SC-SC な光ファイバケーブル(マルチモード OM3 のもの)を注文し直して、それが届くのを待っていた次第。
#それ以外にも、バタバタしててテストしたりする時間が取れなかった、というのもあったりするんですけどね。

実測に向けて準備

実測するにあたって、以下のような構成にしてみた。

10GBase環境のテスト概要図

Hacintosh である T5810 に NB-INT-X520DA1-S 、 Optiplex に Mellanox MCX211A-XCAT を搭載。これに関しては、ハードウェアとして認識されていることを事前に確認済みなので、それぞれに宅内ネットワークで普段使ってない IP アドレスレンジ(今回は 192.168.0.0/24 を使用)のアドレスを設定。その後、T5810 と OptiPlex をファイバケーブルで直結した、という流れ。
測定ツールには、 iperf3 を使用。トラフィックのデータは、 Zabbix で採れるようにということで、それぞれに zabbix-agent をインストールして、監視対象として設定も行っておきました。

HUGEの調子が悪くなったので、トラックボールを買い替えた

最近、 HUGE のスクロールホイールの調子が悪くて、ホイール回してスクロールしようとしても、スムーズにスクロールできない、スクロールしているのに元の位置に戻っちゃう、なんてことが頻発してたので、買い換えることにした。それ以外は、問題なかったんだけどね〜。

HUGE に変えて 3 年半ぐらい経過してるから、まぁ替え時だったのかも。

タイミング的には、Logicool から MX ERGO って新しいモデルのトラックボールが出たところではあったんですけど、店頭で見たエレコムの HUGE のインパクトにヤラれたという感じもあって、結局それにした次第。(あと、ワイヤレスも避けたかったというのもあるので…。)

[From 大玉トラックボールの ELECOM HUGE に乗り換えたよ! - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

人差し指タイプ?親指タイプ?

さて、今回買い替えにあたって、人差し指タイプにするか、親指タイプにするか、ちょっと悩んだんですが、今回は親指タイプにしてみた。
#HUGE にしておけば、話は簡単だったんだけどね〜。

一応、アキヨドまで展示品見に行ってきたんですが、一口に親指タイプといってもデザイン的には、ロジクールの MX ERGO のような本体上にベッタリと手を置いて操作するのものと、ケンジントンの Pro Fit Ergo Vertical のような本体側面に手を添わせて操作するものの、だいたいふたつに大別される感じ。

Linuxサーバ用に10GBase NICを調達した

Hackintosh 化した T5810 に 10GBase NIC を載せてちゃんと認識させることができたのは良いのだけど、対向になる機器側の準備ができていなく

使えそうだ、というのはわかったのだけど、現時点では対向側となる 10GBase 対応の機器がないので、実際に通信テストや負荷試験といったことはできてないです。

[From 10GBase対応のNICをT5810に載せてみた(ただしIntel互換品) - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

テストとかできない状態じゃ楽しくないよね、ということで、 10GBase NIC を追加で調達することに…。

ひとくちに、 10GBase NIC と言いましても…

新品、中古取り混ぜて、探せば色々種類があるわけですが、10GBase 対応のスイッチまでは今のところ手が出せないし、そもそもスイッチ使ってまでの 10G ネットワークを組む予定もないので、当面は 10GBase NIC を積んだ機器間を直結することとして、とりあえず NIC とケーブルを何とかすることに。

まず、 NIC 。
これは、ケーブルどうするかにもかかってくるんですが、とにかくあんまりお金かけたくなかったというのもあって、 ebay で見つけた Mellanox MCX311A-XCAT をチョイス。こいつ、 Linux であれば問題なく認識して使えるようだし、 ebay でなら送料込みで $40 台で手に入れられる(けど、届くまでに多少時間はかかる)ので、お試しで使う分には良かろう、ということで。(ちなみに、アマゾンでも 7,000円台からある模様)
Mellanox という会社自体、 NVIDIA に買収されたようで、最新のドライバは NVIDIA のサポートページからダウンロード可能。

ケーブルに関しては、 DAC ケーブルをチョイス。お試しだし、機器間もそれほど離れたところに置くわけでもないので、これも値段優先で。
ファイバーだと割と安いのがあるのだけど、 SFP+ のトランシーバが必要なのでその分高くなっちゃうし、 RJ-45 で 10G 対応しているトランシーバは更にいいお値段なのでね…。

で、届いたわけですよ

注文から 10 日かからずに MCX311A-XCAT が上海から到着〜。 DAC ケーブルの方はイスラエルからの発送らしいので、まだ届いてない。

10GBase対応のNICをT5810に載せてみた(ただしIntel互換品)

以前から、ちょっと興味のあった 10GBase の NIC 。
Linux では使えるだろ、と思っていたので、とりあえず買ってみていたんですが、

さてこれ、Hackintosh というか、 MacOS で使えるのか?というと、調べてみたところ、

Intel チップを採用した 10GBase 対応の NIC は、 Small Tree Driver を使えば良いらしい、という情報を見つけたので、早速試してみることに。

ディスプレイアーム導入しました

自宅は、ずっとディスプレイ 2 枚使っていたんですが、やっとのことでディスプレイアームを導入しましたよ。

間口 900mm 奥行き 450mm のシェルフを使ったホームエレクタで組んだラックを PC テーブルとして長年使っているんだけど、そこに 24 インチ20 インチを並べてていたので、結構スタンドが邪魔だなぁ〜、と思ってたんですよ。
ディスプレイ自体が 10 年以上前の機種だし、「そろそろ買い換えたいよなぁ」とは前々から思っていて、ディスプレイアームはそれに合わせて買おうと思っていたんですが、クーポンと Amazonn ポイント、 Amazon ギフトの残額を合わせると、結構安く買えることがわかったので、アームだけ先に購入した次第。
#ディスプレイは、 27 インチクラスの 4K のやつにしようかなぁ、とは思ってるですが、何がいいかなぁ〜。

さて、取り付けの方ですが、グロメット方式とクランプ方式のどちらにも対応しているんだけど、クランプ方式を選択。ワイヤーシェルフなので、そのままだとクランプでアームを固定することができないので、クランプとシェルフの天板部分の間に当て板として 15mm 厚の板を上面に 1 枚、下面に 2 枚挟み込んでからアームを固定。(これで、擬似的に天板厚を 45 mm にしている。)

MovableType 7でutf8mb4対応

昨日、書いたエントリ。
実は、公開するまでに、えらく時間がかかってた。文章書くところは、 MarsEdit でそれなりにサクサク書けてはいたんですが、いざ公開しようと MarsEdit から MobavleType へのエントリーのアップロードを実行すると、エラーが出る。

最初は、 DB ぶっ壊れたかな?と思っていたのだけど、 MarsEdit で採れる Network Log を見てみると、どうもアップロードしようとしているエントリのデータ自体に問題がありそうなログが出てくる。

Network reply received: 2021-05-15 18:40:25 +0000
API Endpoint URL: https://www.downtown.jp/MT6/mt-xmlrpc.cgi
Method name: metaWeblog.newPost
Status code: 200
Succeeded: NO
Networking error: --Fault Error--
Fault code: 0
Fault string: Failed to execute INSERT INTO mt_entry
(entry_allow_comments, entry_allow_pings, entry_atom_id, entry_author_id, entry_authored_on, entry_basename, entry_blog_id, entry_category_id, entry_class, entry_comment_count, entry_convert_breaks, entry_created_by, entry_created_on, entry_excerpt, entry_keywords, entry_modified_by, entry_modified_on, entry_ping_count, entry_pinged_urls, entry_status, entry_tangent_cache, entry_template_id, entry_text, entry_text_more, entry_title, entry_to_ping_urls, entry_unpublished_on, entry_week_number, entry_current_revision)
VALUES (?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?, ?)
with allow_comments, allow_pings, atom_id, author_id, authored_on, basename, blog_id, category_id, class, comment_count, convert_breaks, created_by, created_on, excerpt, keywords, modified_by, modified_on, ping_count, pinged_urls, status, tangent_cache, template_id, text, text_more, title, to_ping_urls, unpublished_on, week_number, current_revision: DBD::mysql::st execute failed: Incorrect string value: '\xF0\x9D\x84\x87 #...' for column `movabletype`.`mt_entry`.`entry_text` at row 1 at /var/www/MT6/extlib/Data/ObjectDriver/Driver/DBI.pm line 418.

ログに出ている "Incorrect string value: '\xF0\x9D\x84\x87 #...' for column" あたりのメッセージを手掛かりにして検索をかけてみると、MySQL/MariaDB での文字コードの扱いの問題であるらしい。
でも、エントリの内容見直してもおかしな文字使ってねぇしなぁ、といろいろ試してみたら、どうやら引用しようとしている 2 つの tweet の一方を入れないと問題が出ないことが判明。問題が出る tweet を引用しないって手もあったのだけど、いずれ似たような事態にぶち当たるだろうから、データベース側で対処することにした。

データベースで使う文字コードを変更する

この問題、界隈によっては「寿司ビール問題」として有名な話だったみたいですね。

さて、 MovableType は現在 MariaDB と組み合わせて使っているんですが、 MovableType のデータを格納しているデータベースを初期生成したのはいつだっけな?といういうぐらい前。下手すると MobavleType 5 を初期設定した状態から使い続けているんじゃないかなぁ。
MovableType 7 は、r.4607 以降で utf8mb4 に対応していて、これについては既にバージョンアップ済みだったので、データベース側を以下の順番で対応していけば良い、と。

  1. MySQL/MariaDB の設定で、デフォルトの文字コードを変更
  2. データベースそのものの文字コードを変更
  3. データベース内のテーブルの文字コード変更

まず /etc/mysql/mariadb.conf.d/50-server.cnf/etc/mysql/mariadb.conf.d/50-client.cnf で、それぞれ以下の設定を追記 or 修正して、 mariaDB を再起動。

[mysqld]
character-set-server = utf8mb4
[client]
default-character-set = utf8mb4

続いて MovableType のデータを格納しているデータベースの文字コードを、デフォルトの utf8_general_ci から utf8mb4_general_ci へ切り替え。

この操作は、コマンドラインで。

# mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor. Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 9281
Server version: 10.5.9-MariaDB-1 Debian buildd-unstable

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> ALTER DATABASE movabletype CHARACTER SET utf8mb4 COLLATE utf8mb4_general_ci;
Query OK, 1 row affected (0.000 sec)

続いて、テーブルの方の文字コード設定をカラムも含めて変えていくわけですが、こちらは phpmyadmin を使って、一気に変更。

phpmyadmin でテーブルの照合順序を変更

これで、データベース側の準備も完了。

問題の原因となっていた tweet を入れてエントリを MarsEdit からアップロードしてみたら、成功。
🍣も🍺も問題なく使えるようになったかな?

Tunnel Broker 経由で見れない Web サイトが出てきたので、 Squid で対処してみた

おそらく、ここ 2ヶ月ぐらいのことだったと思うのだけど、 Engadget 日本語版の記事が見れなくなってた。
例えば、下の tweet 中の記事へのリンクをクリックすると

こんな画面に転送されてしまい、記事が読めないという状態。

EngadgetのGDPR警告画面

なんだかんだで、こんなヒントを貰ったので、確認してみたところ…。

さくらの VPS に建ててるサーバは、IPv6 を有効にしているので、こちらを使って curl コマンドでのアクセスを試してみると正しいコンテンツが返ってくる…。
ということで、 我が家のネットワークにおける IPv6 接続に原因があるということが判明…。

T5810 の Hackintosh 化に成功しました(やっとのことで)

悪戦苦闘のすえ、やっとのことで Big Sur のインストールに成功しました〜!(パチパチ)

未だに、成功してないんですよね、 Big Sur のインストール…。
いまのところ、インストーラの起動途中までは来てるんですが、ここから先に進まない…。

[From T5810、その後 - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

「この Mac について」やシステム情報で、プロセッサ名が不明になってるのは気にはなりますけど、それでもちゃんと動いてはいますので、良しとしておきます。

Big Sur on T5810 で「このMacについて」

え〜、インストールに成功したのは Big Sur の最新β(20F5046g)になります。

とにかく、インストーラ起動までが大変でした…

前に書いたとおり、最初は OpenCoere をブートローダとして使っていたのだけど、

  • MacOS 復旧までは起動するけど、ディスクユーティリティでの SSD のフォーマットが途中で止まる
  • MacOS 復旧から、インストーラが起動しない
  • そもそも起動した MacOS 復旧がロシア語表示から切り替わらなくて、操作が困難

ということもあったので、ダメ元で Clover にブートローダを変更。(Z620 では Clover 使ってましたしね。)
だからといって、すんなり行ったわけじゃなくて、

T5810、その後

入手して、既に3ヶ月ほど経過したわけですけど、

Big Sur でインストールすべく、インストール用 USB メモリを作って、試しているわけですが、現時点ではインストール用 USB メモリから起動はするものの、インストーラまで辿り着けない!

[From DELL Precision Tower 5810 を入手するなど - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

未だに、成功してないんですよね、 Big Sur のインストール…。
いまのところ、インストーラの起動途中までは来てるんですが、ここから先に進まない…。

#しかも、ロシア語?だし。

まれに、インストールメニューの画面まで進むことがあるんだけど、そうなってもロシア語表示のままなので、なんの操作してるのか検討つかずに手探り状態での操作で何がなんだかわけわからん、という状況。