HP Z620 WorkstationでHackintosh

なんだかんだで Hackintosh に切り替えて、1 年近く経つわけですが、

CPU は i5-3470 が載ってたので微妙にパワーアップしたし、メモリも 4GB 付いてたのもだったので現状では 4 + 4 + 2GB の計 10GB。ここまでメモリ載ってると、操作でたつくようなこともなく、ストレスなく使えるようになりますね。メモリは、もう少し載せたいなぁとは思うのですが、そのあたりはおいおい追加することにしましょう。

[From 真冬の夜の夢:Pro 4300 SFFから Pro 6300 SFFへチェンジ! - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

そうそう不満なく使ってはいたんですけど、High Sierraから Mojave しようとすると、Pro 6300 で使っている GeForce GT710 用の Web ドライバの Mojave 版がリリースされていないのをどうしようとか、やっぱりもっとパワーのあるマシン使いたいという欲が出てきたりしまして…。
調べてみると、HP の Z シリーズのワークステーションだと Hackintosh 化の実績もあるし、ヤフオクでも割と潤沢に出品されてるし、そのへん狙うか〜、ということに決定。

ビデオカードを Mojave でのサポートが充実している AMD の新し目のものにしようとした場合、電源容量のこととかビデオカードのサイズこととかを考慮すると、Z2x0 は電源容量の面(Z2x0 SFF は更に筐体サイズが問題)で候補から外れ、 Z4x0 以上で CPU もSandyBridge EP 以降で探すと Z420 、Z440 、 Z620 が有力候補となり、あとはお値段で決めよう、ということに。

で、ここしばらく様子をうかがっていたんですが、「これは!」というのが、タイミング良くヤフオクに出品されまして、落札したのが、 Z620 だったという次第。

  • CPU: Xeon E5-1620
  • メモリ: 16GB
  • HDD: SATA 500GB + SATA 1TB
  • VGA: GeForce GTX 770

という構成だったわけですが、これ、3 万円以内で落とせたのは、かなりお得だったなぁ…。

出来上がるまでには、いろいろありまして…。

まぁ、実際のところ、 Mojave をインストールするというところでは、そんなに大きくハマってないんですよね。

このMacについて

手順的には

  • Mojave のインストーラを App Store からダウンロード
  • ターミナルから、インストール用 USB メモリを作成
  • MultiBeast 使って、インストール用 USB にブートローダや必要最低限の kext 類をインストール
  • 準備できたインストール用 USB メモリで Z620 を起動して、インストール実行
  • Z620 へ Mojave のインストールが完了したら、 MultiBeast でブートローダなどをインストール
  • Z620 の内蔵ディスクからの起動を確認

といった感じだったのですけど、クリーンインストールに関しては、ほんと拍子抜けするぐらい簡単に終わったんですよ。
Time Machine でバックアップしておいたデータ類を Z620 に復元したあとに再起動すると、起動途中で止まったり、起動完了せずに再起動するとか、まともに起動できなくなってしまうというので、苦労しまして…。(何回インストールし直したことか…。)

Pro 6300 SFFから、CELSIUS W520 への乗り換えようとしてるんですが〜

まぁ、普通に使っている分には不満はないんですけど、拡張性という点ではちょっと劣る Pro 6300 SFF 。

今度のはメモリの搭載量のことも考えて、 スロット 4 本搭載の HP Compaq Pro 6300 SFF に。

[From 真冬の夜の夢:Pro 4300 SFFから Pro 6300 SFFへチェンジ! - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

特にスリムタイプの筐体なので、ロープロファイル対応のカードしか載せられない、というのが痛い。今使ってる GeForce GT710 は、一応 Metal 対応ではあるので、当面は使い続けられるんですけどねぇ…。

システム情報のディスプレイ/グラフィックス

今回入手したのは Xeon E3-1245 v2 搭載の CELSIUS W520 。タワー筐体なので、グラフィックカードの選択肢が増やせるのは、ありがたい。
メーカのサイトでスペックシートなどを確認してみたところ、電源が 300W のモデルと 500W のモデルがあって、今回手に入れたのは搭載されているグラフィックカードが Quadro 600 なことからいけば 300W モデルの方のよう。 500W モデルだと補助電源が必要なカードもメーカオプションとして載せることができたようなので、そこだけがちょっと残念。

それ以外のスペックとしては、 SATA 3.5 インチ HDD を 4 台搭載可能であったり、メモリスロット 4 本(ただし、Unbuffered ECCなメモリが必要)と、普通に使う分には不満になることはないだろうなぁ、と…。

真冬の夜の夢:Pro 4300 SFFから Pro 6300 SFFへチェンジ!

夢の続き。

結局、ハードウェア的な障害っぽくてメモリ 2 枚すると起動できなくなるので、4GB メモリ 1 枚で頑張ってたんですが、ちょっとした操作でももたつくことが多いのに閉口したので、またまたヤフオク使ってハコを競り落としました。

つーことで、次に Compaq Pro 4300 SFF の出物がヤフオクにあったので、それを競り落とし、それと別に競り落とした i3-3225 を載せて再チャレンジ。

[From 真冬の夜の夢:HP の Pro 4300 SFF の中古で High Sierra - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

今度のはメモリの搭載量のことも考えて、 スロット 4 本搭載の HP Compaq Pro 6300 SFF に。

HDD とビデオカードを Pro 4300 からそのままスワップ。メモリも手持ちのものを、とりあえず全部載って起動したら問題なく立ち上がったので、大した手間ではなかったですね。
#USB 3.0 ポートに HUB 繋ぎっぱなしだと、上手く起動してくれなかったとかはありましたが…。

真冬の夜の夢:HP の Pro 4300 SFF の中古で High Sierra

以前から「動くらしい」という話はよく聞いていたのだけど、手元のある機材でなんとかなるかなぁ〜、と思ったら意外となんとかなったもんだから、つい暴走してヤフオク使いまくりな夢を見たので、いちおーメモっておこう、かと…。

まー、基本的な情報は、この辺を起点にしつつ、色々とググりまくれば出てくるので、そちらにお任せ。

High Sierraをインストールする方法をご紹介してきたのですが、多数の記事に分散してしまっています。そこで、記事へのポインタをまとめた総集編を作ってみました。

[From Hackintoshの作り方(総集編) - Mac信者のHackintosh修行]

書いてあることどおりにやれば、そんなに難しいことじゃないと思いますので、自分がうなされたところを重点的に、ということで。