メッシュWi-Fi/AiMesh対応ルーター ASUS RT-AC68UとLyra miniを試す(その3)

Lyra mini に関するエントリーの第三弾。

実際に主となる方を書斎代わりの部屋に、従となるほうをキッチンに置いて使ってみているわけですが、 iPhone つないで使っている限りでは、家の中どこにいてもちゃんと繋がってくれるようになったな、というぐらいの感想しかない、というのが正直なところ。
実際、どのぐらいのパフォーマンスが出るのかは、ちゃんと測定してみたいと思います。

[From メッシュWi-Fi/AiMesh対応ルーター ASUS RT-AC68UとLyra miniを試す(その2) - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

前回の予告とおり、トラフィック測定してみましたので、その結果など。

測定の方法と機材について

さて、どうやってトラフィック測定しようか、と考えたときに「サイズの大きなファイルのダウンロードでいいかな?」と思いつついろいろ調べてみたところ、「Linux( Debian )動かしているノート PC もサーバもあるんだし、 iperf 使うのがいいじゃね?」ということで、iperf3 を使うことに。

iPerf3 is a tool for active measurements of the maximum achievable bandwidth on IP networks. It supports tuning of various parameters related to timing, buffers and protocols (TCP, UDP, SCTP with IPv4 and IPv6).

[From iPerf - The TCP, UDP and SCTP network bandwidth measurement tool]

Debian であれば、root 権限で

# apt install iperf3

を実行すれば、インストール完了。
測定も、サーバ側で

$ iperf3 -s

クライアント側で

$ iperf3 -c サーバのIP

と実行すれば、OK。この場合は、クライアント→サーバの測定になりますが、 -R オプションを付けると サーバ→クライアントの測定ができるので(実際の測定時には、少しオプション付きで実行してますが。)

メッシュWi-Fi/AiMesh対応ルーター ASUS RT-AC68UとLyra miniを試す(その2)

前回の予告どおり、まずは Lyra mini だけでメッシュネットワークを構成してみます。

「ASUS AiMesh 対応ルーターにメッシュ Wi-Fi ルーター ASUS Lyra シリーズが加わった」ということで、一緒に送られてきた RT-AC68U と Lyra mini を組み合わせてメッシュ化することも出来るのは簡単に確認してあるので、詳しくは別エントリーにて。

Lyra mini をセットアップ

セットアップに関しては、スマホアプリを使って設定する方法と、PC の Web ブラウザでアクセスして設定する方法の二通りがあるんですが、今回はアプリからやってみることに。

スマホアプリのアイコン

ASUS の場合、 Lyra シリーズ専用のアプリと それ以外も設定可能なアプリの 2 種類あるんですが、今回は専用アプリの方でやっていきます。
Lyra mini は直接インターネットではなく、下の図にある Wi-Fi AP (ここが現在 TP-LINK Deco M5 に)と並列に接続される形でセットアップしていきます。

我が家のネットワーク構成概要 2017/12/16版

ネットワークへの(物理的な)接続に関しては、同梱されている「かんたんセットアップガイド」を参考にしてネットワークに繋ぎます。
あとは、だいたい以下の順番で進めていきます。

  1. マスターにしたい Lyra の LAN ポート(AC アダプタの差込口側)に LAN ケーブルを接続し、反対側も既存ネットワークの HUB に接続する。
  2. Lyra に AC アダプタを接続し、電源を投入する。(2 台とも)
  3. 電源投入後、本体の LED が色を変えながらゆっくりと点滅を繰り返すので、白色の常時点灯になるまで待つ。
  4. スマホにダウンロードした Lyra アプリを起動する。
    • アプリは、予めダウンロードしておく。

メッシュWi-Fi/AiMesh対応ルーター ASUS RT-AC68UとLyra miniを試す(その1)

Deco M5 導入より、ずっと前のこと…。
10月の終わりに、「こういうのって、なかなか当たらないよねぇ…」と思いつつ応募したキャンペーン。

すっかり応募していたことすら忘れていた12月の終わりに、「おめでとうございます!キャンペーンに当選しました!」というメールを受信しまして…。
#いや〜、応募してみるもんデスネ。

自宅内Wi-Fi環境を Deco M5 で再構築しました

最近までは 802.11a/b/n 対応の機器しかなかったので、自宅内の Wi-Fi 環境もそれに合わせて用意していたんですけど、半年ほど前に妻が iPhone8 Plus に替えたあたりから、「そろそろ 802.11ac も考えるか〜?」と思い始めてました。ただ現状でもそう不便があったわけでもないので導入に踏み切るまでには至らず、うだうだやっていたんですが…。
自分も iPhone XR に替えたことと、Amazon のサイバーマンデーセールで TP-LINK の Deco M5 の 2 台セットが安くなっていたのをポチったので、我が家もようやく 802.11ac 環境への移行を果たすことに。

単に、 802.11ac 対応するだけなら、Deco M5 のようなメッシュルーターでなくても良かったわけですが、第一に「メッシュルータ使ってみたい!」というのがあったのと、家の中でも微妙に Wi-Fi の電波受信状況が悪いところがあったのでそれも改善したかったのと、タイミング良く安くなっていた、というのがあったので、 Deco M5 になったというわけ。

ちょっと調べてみたら、Deco シリーズは M5 の上位機種としてトライバンド対応(2.4G + 5G×2)の M9 Plus と下位機種として M4 (2.4Gが300Mbpsまで)の 2 モデルが最近追加されていたのですね…。

セットアップと実際の使い心地

で、実際のセットアップに関しては、大まかには以下の通り。

  1. iPhone XR (などのスマホ)に、Deco アプリをインストール
  2. Deco アプリを起動して、 TP-LINK IDを取得
  3. 1 台目の Deco M5 に LAN ケーブルと AC アダプタを接続
  4. Deco アプリで、1 台目の Deco M5 の登録を実行し、メインの Deco として設定
    • ファームウェアのアップデートを要求されるので、アップデートしておく(これは 2 台めも同じ)
    • SSID や動作モード(ルーター or ブリッジ)の設定は、メインとなる Deco M5 に対して実行する
  5. メインの Deco M5 に接続して、Web アクセスが出来ることを確認
  6. 2 台目の Deco M5 に AC アダプタを接続
  7. Deco アプリで、 2 台目の Deco M5 を登録

Deco M5 3台(またはそれ以上)でメッシュネットワークを構成する場合は、6. と 7. を追加したい台数分の繰り返しになります。

LIVA Z2買ったので、ちまちまとセットアップしてます。

仕事で使っていた Raspberry Pi3 。流石にいろいろ動かしているとパワーが足りないと感じる場面が増えてきたので、ちょっと奮発?して LIVA Z2 を入手しました。

いろいろ迷ったんですけどね、あんまりお高くならず、ほどほどの性能でいいんだよね、ということで LIVA Z2 を選択。端から Debian 入れて使うつもりでいたので、最初は OS なしの LIVA Z の方にしようかと思ってたんですが、 Amazon では OS 入りの Z2 のほうが安かったので…。

ついでに 128GB の 2.5 インチ SSD と メモリ 4GB 1 枚も一緒に注文したのが届いたのが、火曜日。
で、SSD とメモリ取り付けて、プリインストールされてた Windows 10 のデスクトップを拝むこともせず、サクッと Debian をインストールしてみましたが、2 個ある HDMI ポートのうち HDMI 2.0 の表記ある方にディスプレイ繋いでたら、起動画面がすっ飛ばされていきなり Windows10 の初期セットアップ画面が表示されちゃって、 BIOS に入るための操作のタイミングが取れない、なんてことがあったぐらいで、インストール自体は特に問題なく終わりました。(表示の問題は、古いディスプレイに HDMI - DVI 変換アダプタかまして繋いたからだろうな、という気がする。)

あとは、Debian インストーラの最新版でインストールしてみたんで他のインストールイメージ使うとどうなるのかは確認してませんが、途中のネットワークインターフェースの認識のステップで 、Wi-Fi はドライバがないのであとからインストールするように、という旨の表示が出ることぐらいが注意事項でしょうかね?

iPhone XRを1週間使ってみて

iPhone XR を使いだして1週間経過したので、ちょっと感想なぞ書いてみる。

しばらく使い込んでみたら、また感想を書くかもしれません。

[From iPhone XR セットアップ完了! - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

夕焼け

とにかく、快適である、ということ。これに尽きますね。最新機種なのだから快適なのは当たり前なんですけど、ちょっとした操作に対するレスポンス良いと使っていて気持ちいいというか…。Face ID によるロック解除も素早いですし、意外と顔が XR に正対していない状態でも目線が画面に向いていれば、ちゃんと反応してくれるのも良い感じですね。

全面ほぼ操作画面でホームボタンがないというのにも、すっかり慣れました。
まぁ、tommy もホームボタンは物理的には存在はしていないので、それである程度ホームボタン無しというのにも慣れていたというはあったにしても、自然に受け入れてるよなぁ、という気はします。

ちょっとすごいな、と思ったのはカメラ。
設定では、デフォルトでスマート HDR が 有効な状態になっているわけですけど、その状態だと逆光を気にすることなく綺麗な画像が撮ること。夕方とはいえ、ほぼ正面に太陽がある状況で撮影したにもかかわらず、一切手を加えない状態でも十分鑑賞に耐えるものが撮れるんですから。(HDR のない状態で撮ったら、多分手前側は黒く潰れてて、ディテールもクソもあったもんじゃないのが撮れてたはず…。)

この辺は、ハード、ソフト両方の技術的な進歩が大きいんだろうなぁ、と…。

iPhone XR セットアップ完了!

無事、受け取って、サクサクとセットアップを開始したんですが、まぁ一筋縄では行かなかったですよ。> iPhone XR

お昼ちょっと前に受け取って、開封して、液晶保護フィルム貼って〜、とウキウキ気分でセットアップ開始〜、って感じだったんですが…。

アクティベート出来ないっ!

とにかく、アクティベートが出来ない状況が続いて、ここでかなり時間取られてしまいました。

調べてみたら、似たような状況だった人がいたようで、それに書かれていた内容を参考に、 iTunes の再インストールもしてみたのですが、それでもうまく行かない…。

ところが、iTunesでiPhone XRを認識しない。
設定そのものは、iCloudを通じて同期できたのだが、iTunesがiPhone XRを認識しないので、楽曲の同期ができない。

[From iTunesでiPhone XRが認識・同期できない場合の対処法 – 諌山裕の仕事部屋]

「まさか、 High Sierra だからダメ? Mojave なら、もしかして…?」と思って、つい2日ほど前に試しにインストールしてみた Mojave で起動し直して、 Lightning ケーブルで Mac と XR を繋いでみたところ、こんなダイアログが…。

Mobile Device Update インストールのダイアログ

実際のところ、原因はこのソフトウェア・アップデートが行われなかったことだったようで、アップルのサポートにも情報が掲載されていました。

iPhone、iPad、iPod touch の iOS のバージョンが、Mac でサポートされているバージョンよりも新しい場合は、「iOS デバイスに接続するにはソフトウェア・アップデートが必要です。このアップデートを今すぐダウンロードし、インストールしますか?」という警告メッセージが表示されることがあります。

[From iPhone、iPad、iPod touch で「iOS デバイスに接続するにはソフトウェア・アップデートが必要です」と表示される場合 - Apple サポート]

このアップデートの適用後、 iTunes 経由でのアクティベートに成功。 Mojave 側には 4S のデータのバックアップがないので、一旦新しい iPhone としてアクティベートを完了させて、再び High Sierra に切り替えて 4S のデータで復元をしようとしたのですが…。

iPhone XR、買っちゃったので、到着待ち

いや〜、買っちゃいましたよ〜。> iPhone XR
既に、OCN モバイル ONE に乗り換えちゃってますから、SIM ロックフリーで良いので、 アップル・ストアでサクッと手続き。
発表直後に Apple のサイトやニュース系サイトで見た画像では「ブルー、いいなぁ」と思ってたんですけど、実物見に行ってみたら、思ったよりも鮮やかな感じのブルーじゃないんだ、と…。で、ホワイトやブラックでは、ありきたり。(PRODUCT)RED は、ちと派手すぎるかな、と感じたので、コーラルかイエローどちらかとなったわけですけど、コーラルもなんか自分の好みじゃなかったので、イエローをチョイスということになりました。それでも、イエローも派手っちゃ派手ではあるんですがね。

ストレージは 128GB 。まぁ、そんだけあれば、簡単に使い切るようなことにはならないでしょう。

メイン機ではなくなっていたとはいえ 4S から移行になるので、大幅なスペックアップ。サイズに関しては tommy で慣らされちゃった感じもあるので、そんなに気にならないでしょう、多分。

4S 時代は、ほとんど裸運用だった(一時的にカバーかけてたことはあった)のですけど、今回は最初っから液晶保護フィルムとクリアタイプのソフトカバーも用意して準備も万端。あとは、明日のブツの到着を待つばかり。\(^o^)/
ということで、しばらくはネタには困らなさそうです〜。

Pro 6300 SFFから、CELSIUS W520 への乗り換えようとしてるんですが〜

まぁ、普通に使っている分には不満はないんですけど、拡張性という点ではちょっと劣る Pro 6300 SFF 。

今度のはメモリの搭載量のことも考えて、 スロット 4 本搭載の HP Compaq Pro 6300 SFF に。

[From 真冬の夜の夢:Pro 4300 SFFから Pro 6300 SFFへチェンジ! - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

特にスリムタイプの筐体なので、ロープロファイル対応のカードしか載せられない、というのが痛い。今使ってる GeForce GT710 は、一応 Metal 対応ではあるので、当面は使い続けられるんですけどねぇ…。

システム情報のディスプレイ/グラフィックス

今回入手したのは Xeon E3-1245 v2 搭載の CELSIUS W520 。タワー筐体なので、グラフィックカードの選択肢が増やせるのは、ありがたい。
メーカのサイトでスペックシートなどを確認してみたところ、電源が 300W のモデルと 500W のモデルがあって、今回手に入れたのは搭載されているグラフィックカードが Quadro 600 なことからいけば 300W モデルの方のよう。 500W モデルだと補助電源が必要なカードもメーカオプションとして載せることができたようなので、そこだけがちょっと残念。

それ以外のスペックとしては、 SATA 3.5 インチ HDD を 4 台搭載可能であったり、メモリスロット 4 本(ただし、Unbuffered ECCなメモリが必要)と、普通に使う分には不満になることはないだろうなぁ、と…。

Debian buster/sid で玄人志向の USB3.1 インタフェースボードを動かしてみる[性能編]

前のエントリーから、時間が空いてしまいましたが、簡単にパフォーマンステストをしてみた結果をまとめておきます。

測定対象の HDD について

まず、内蔵 SATA インターフェースに繋がっている方。

root@vhost01:~# smartctl --info /dev/sda -d sat
smartctl 6.6 2016-05-31 r4324 [x86_64-linux-4.17.0-rc7-amd64] (local build)
Copyright (C) 2002-16, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family: Hitachi Deskstar E7K1000
Device Model: Hitachi HDE721010SLA330
Serial Number: STN****S0UWL1K
LU WWN Device Id: 5 000cca 35ecbc4d1
Firmware Version: ST6OA3AA
User Capacity: 1,000,204,886,016 bytes [1.00 TB]
Sector Size: 512 bytes logical/physical
Rotation Rate: 7200 rpm
Device is: In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is: ATA8-ACS T13/1699-D revision 4
SATA Version is: SATA 2.6, 3.0 Gb/s
Local Time is: Thu Jul 19 22:50:48 2018 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

今回増設した USB3.1 インタフェースボード経由で接続した HDD 増設スタンドに挿した方が、こちら。

root@vhost01:~# smartctl --info /dev/sdb -d sat
smartctl 6.6 2016-05-31 r4324 [x86_64-linux-4.17.0-rc7-amd64] (local build)
Copyright (C) 2002-16, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family: Hitachi Ultrastar 7K3000
Device Model: Hitachi HUA723020ALA640
Serial Number: MK0****FJ4XZVA
LU WWN Device Id: 5 000cca 223de6d56
Firmware Version: MK7OAA10
User Capacity: 2,000,398,934,016 bytes [2.00 TB]
Sector Size: 512 bytes logical/physical
Rotation Rate: 7200 rpm
Form Factor: 3.5 inches
Device is: In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is: ATA8-ACS T13/1699-D revision 4
SATA Version is: SATA 2.6, 6.0 Gb/s (current: 6.0 Gb/s)
Local Time is: Thu Jul 19 22:50:41 2018 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

どちらも、回転数 7200rpm 、セクタサイズ 512byte のもので、違いは容量と SATA のリンクスピード。
測定を厳密にやるのであれば、同じ型番の HDD 2 台用意して、内蔵 SATA と USB3.1 にそれぞれを繋ぐのが良いのでしょうけど、機材を揃える時間もなかったので、大体の傾向だけつかめれば良いことにします。