Express5800/53Xg を手に入れたので、色々配置替え中

以前自宅での仮想環境用に調達した HA800 。

そもそも、新しく機材を調達しようと思ったのは、 Mac mini や LIFEBOOK で動かしていた VirtualBox による実験環境を集約。これにより、 LIFEBOOK を用途的に浮かすことが出来れば、家族が使っている調子の悪い ThinkPad をそれで置き換えられるな、というのが発端。
そこになんともタイミング良く、今回入手した HA8000 がヤフオクに出品された、というわけ…。

[From HA8000の中古を手に入れるなど - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

使っているとなんだかんだで、欲が出てくるというか、Hyper Threading 有効な CPU 欲しくなってきたもんで、ヤフオクで X3440 より上のやつをチェックをマメにしてたんですけど、出物があってもお小遣い的なタイミングと合わなかったりして、購入までは至らず。

んで、ヤフオク検索しててふと見つけたのが、 Xeon E3 シリーズを搭載した Express5800 のワークステーション。
X3470 とか X3480 が 1 万近い値段で出品されているのと、そう変わらない値段で出品されているものもチラホラあったし、「CPU 単体で買うよりもコスパ的にもいいな…」ということで、ターゲットを変更。メモリが 32 GB までいける E3-1275 v2 搭載の Express5800/53Xi を第一候補、メモリ 16GB までで E3-1280 搭載の Express5800/53Xg を第二候補としてウォッチしてたんですが、第一候補は出品台数も少なかったこともあったのか、スルスルと入札額が上がっててしまい、あっという間に予算オーバしてしまったので断念。

一方、第二候補の方は複数台出品されてたのと第一候補狙いの人が多かったのもあったのか、入札終了時刻キリギリまで入札者がいないのがあったので、終了間際に入札して、無事確保した次第。(他の人と競ることもなかったのは、ラッキーだった。)

安物買いの銭失い?だったのでは、と思わせる武雄市のタブレット導入

「ICT先進自治体」として、良くも悪くも有名な武雄市ですが、ここ数年続けているタブレットを利用した授業に関する研究報告の最新の状況として、武雄市「ICTを活用した教育」第三次検証報告が公開され、それに基づいた新聞記事がいくつか出ていました。

武雄市のICT教育について、東洋大の研究プロジェクトが第3次検証報告をまとめた。武雄式の反転授業「スマイル学習」は実施率が低く学校間でもばらつきがあることを指摘し、学習効果の検証と教職員の負担軽減などによる実施率改善を求めた。

[From 武雄の反転授業を東洋大が検証、負担軽減を|佐賀新聞LiVE]

佐賀県武雄市と東洋大学などが共同で進めるICT(情報通信技術)を活用した教育研究プロジェクトの検証報告会が24日、同大の白山キャンパス(東京都文京区)で開かれた。タブレット端末を使った独自の武雄式反転授業「スマイル学習」を通じて学んだ児童の方が、通常授業の児童よりも理解度テストの平均点が高いとの結果が出た。

[From 【りこめんど】武雄式反転授業「スマイル学習」 - 産経ニュース]

日本一の学力を目指して武雄市が小学校にスマイル学習(武雄式反転授業)を導入して3年。「推進役であるはずの教職員が実はスマイル学習に消極的」と、ショッキングな現実を東洋大の第3次検証報告(2016年度)が突きつけた。市教委は「多くの利点がある」とスマイル学習は堅持する方針で、新年度から初の見直し作業に着手する。【渡部正隆】

[From 武雄のスマイル学習:導入から3年 推進役の先生、消極的 東洋大が第3次検証 初の見直し作業着手へ /佐賀 - 毎日新聞]

一通り目を通した感じでは、産経だけが問題ないような内容になってますが、佐賀新聞と每日新聞の書き方は「進め方に問題あり」と言った論調になっているのが、面白いといえば面白い。

Karabiner-Elements の設定が、ほぼ固まったので

ProgresTouch RETROKarabiner-Elements の組み合わせで、キーマッピングの書き換えに四苦八苦していたんですが、やっと納得できる感じに設定できた。

F1 〜 F12 キーの件は、組み合わせてるキーボードの関係もあったりするのかな〜、などと考えてますが、 Karabiner-Elements 自体が正式版となってから、いろいろ試してみないとどうしたらいいのか判らんのかもしれないですね。

[From Karabiner-Elements を試してた - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

うちの環境での設定ポイントですが、おおよそ次の通り。

  • 右 Alt 、App を、それぞれ 右 Command 、 右 Option に。
  • Karabiner-Elements では、 ProgresTouch RETRO の Fn キーの押下が認識されないようなので、それとのキーコンビネーションで実現していたメディア関連の操作の割当を変更。
    • Volum Up 、 Mute 、 Volume Down をそれそれ Print Screen 、 Scroll Lock 、 Pause に割り当て。
    • 再生( F8 )、早送り( F7 )、巻き戻し( F9 )については、 Karabiner-Elements デフォルトのまま。
  • Karabina-Elements による F1 〜 F6 、F10 〜 F12 のマッピング内容を、実際のキーと同じものにして、 Mission Control の呼び出しや、 デスクトップの表示などが OS 標準の設定で利用できる形に変更。

# Fn キーが認識されてくれれば、ファンクションキー周りのマッピングは触らずに済んだのかもな、とは思うんですけどね…。

HA8000の中古を手に入れるなど

ヤフオクも上手く立ち回れば、かなりの掘り出し物を手にすることが出来るわけですが、今回はホント上手くいったということで、HA8000/TS10 AK1 という日立の IA サーバの中古を入手することに成功しました。

2010 年後半に出たモデルですが、Xeon X3430 が載ってて、それに LSI Logic の MegaRAID SAS 2108 が載って RAID も組めるぜ〜、というのが、送料込みで 3,000 円以内で手に入ったんだから、これはもう小躍りするほかないという状況。あと、出品者側の説明にはなかった SCSI I/F と DAT72 ドライブが載ってたというオマケも付きましたし…。(ただ、媒体の容量的には DAT72 、微妙なんだよねぇ…。)

ここ二週ほど、ちまちまと動作の確認をしていたんですが、DVD-ROM ドライブが動作不良でメディアを認識出来ない状態だったこと以外は、特に問題なし。
USB - SATA 変換ケーブル経由で繋いだスーパードライブ使えば、OS インストールできるし、何故か余らせてた ECC 付き の DDR3 DIMM も難なく認識してくれたし、HDD もこれまた手持ちの SATA の 1TB のものをホットスワップベイに挿して問題なく認識してくれたので、手持ちのコマで通常利用可能な状態まで持っていけたというのも、(お財布的に)かなり助かったなぁ、と…。

この先、どうするか、ですが

そもそも、新しく機材を調達しようと思ったのは、 Mac mini や LIFEBOOK で動かしていた VirtualBox による実験環境を集約。これにより、 LIFEBOOK を用途的に浮かすことが出来れば、家族が使っている調子の悪い ThinkPad をそれで置き換えられるな、というのが発端。
そこになんともタイミング良く、今回入手した HA8000 がヤフオクに出品された、というわけ…。

VyOSマシンは三代目に

さて、およそ 3 年前に仕立てた 二代目 VyOS マシン。

ま、XP 世代のマシンですが、よほどこのことがなければ、当面このままですね〜。

[From 急遽、Vyatta のハードを入れ替え - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

なんて書いていたんですけど、まるっと3年経過したところで、謎の電源ダウンから電源入らずうんともすんとも言わない状態になってしまったので、仕方なく対外接続を NTT 東日本からの貸与ルータで凌いでたんですが、ヤフオクでかなりお手頃な PC を落札。
それが今日到着したので、早速セットアップして、無事復旧したところ。

先代が、Sempron 18003000+ 、メモリ 1GB512MB だったのですが、今回のは Celeron E1400 でメモリ 4GB とハード的には大幅にスペックアップした感じですね。(で、何故か二代目、三代目と立て続けに富士通の PC だったり…。)

ヤフオクで買った中古だから、というわけじゃないでしょうけど、内蔵 HDD への VyOS 自体のインストールは問題なく終わるものの、なぜかそこからは起動できず、grub の設定で USB メモリにブートローダを入れることで起動出来るようになったという…。
HDD も部屋ん中に転がってたやつを適当に転用してますんで、PC に問題があるのか、 HDD がおかしいのかまでは切り分けてないんですが、今日のところは繋がっただけで善しとしておくことにします。
# 8GBクラスの USB メモリ調達して、 VyOS 入れ直そうかな…。

Jaws

LBT-HPC11AV右側本体との接合部が…

MPOW の Jaws という Bluetooth ヘッドセットも Raspberry Pi 3 と同時注文で同じ日に届いてたんで、何日か使ってみた感想など。

Bluetooth イヤホン、以前にも使っていたんですが、形状的に耳の穴に入れる部分と本体部分の接合部が弱そうだなぁ、と思っていたんですが、何かの拍子で力がかかってしまい危惧していた通りの状態に…。

完全に折れてしまったわけではないので、使おうと思えば使えるんですが、装着してもチョット頭を動かしだけで外れちゃうんで、実用には耐えない状況。

まぁ、そんなんでお手頃だったパイオニアのイヤホンを購入して使っていたんですが、そいつもジャック付近で断線したっぽく、リモコンは使えないわ、音が途切れ途切れになってしまうわで、これまた常用できるような状況ではなくなってしまったので、思い切って買い換えることにした、というわけです。

案の定、 Raspberry でハマってます

早速、ハマったんで、備忘録的に残しておきます。

ということで、ちょいちょい Raps 関連のエントリーが増えていくと思いますです、ハイ。

[From やっと Raspberry 買いましたねん - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

その1:起動しねぇ!

モノが届いて、喜び勇んでセットアップ始めたのはいいんだけど、一向に起動しないせず、四苦八苦。
電源周りかと思って、USB AC アダプタと 2.4A 充電対応の USB ケーブルを追加で買ってきて、とっかえひっかえ試してみたのだけど、起動しない状況には変化なし。

「初期不良かなぁ…」とも考えたのだけど、知り合いから「MicroSD への Raspbian 、書き込み失敗してるのかも」というアドバイスを貰ったので、イメージの書き込みを改めて( macOS でイメージ書き込みしていたのを Windows で)やってみたものを使ってみたら、あっさりと起動するように。orz

macOS での手順を再チェックしてみたところ、どうも書き込み先となる MicroSD を指定する時のデバイス名を誤っていたのが原因だったようです。 Mac OS 用の手順では、出力先デバイスの指定で、"/dev/disk4" となっているところを "/dev/disk4s1" のようにスライスまで指定してしまっていたのが原因だった模様。
ドキュメントはよく読んで、そのとおりにしないと駄目ですなぁ…。

そんなこんなで、まずは起動させる、というところは、クリア。

Fusion Drive の不調が原因でした

不調なまま、放置プレイ状態になっていた Mac mini ですが、とりあえず Fusion Drive を構成している SSD の不調が原因で起動しなくなったと想定して、SSD の取り外しを敢行したところ、

ディスクがお亡くなりになったと予想していますが、うちの Mac mini 、以前書いた通り Fusion Drive 化してあるので、SSD が HDD のどちらか、もしくはその両方が死んだとなると、ちょっと痛いなぁと。さらに HDD は 1TB のものに換装済みでしたし…。

[From Mac mini 起動せず - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

OS X 復元モードで起動して、ディスクユーティリティで HDD を認識できるように!

ということで、HDD の再フォーマット後に、Time Machine でのバックアップデータから復元を実行。途中、データの転送速度の低下はあったものの 8 時間ほどかかって、ようやく復旧した次第。

SSD も生きてました

とりあえず、 Fusion Drive は使わない形にしてしまったので SSD が浮いた形なったわけですが、ディスクユーティリティでのフォーマットが出来たので、まだ正常に使えそうな感じ。せっかくなので、何か別の用途にまわすことにしましょうかね。

なんにしろ、出費なしに復旧できたのでラッキー、ということで…。

まだ、改善の余地あったんだねぇ…

キーボード、新調してから4か月ほど経過したんですが、キーを気持ちよく叩けるというのは、結構重要ですねぇ。
さすがに、職場支給のノートPCに外付けで同じもの使うというところまではいってませんけど。

キーボードといえば、プログラマの間で静か~なブーム?になっている ErgoDox というセパレートタイプのキーボードがありまして、ちょっとググってみただけで、利用者の声とか購入の仕方とかのエントリーが簡単に見つけられます。

「ErgoDox」の大きな特徴はオープンソースであるという点です。パーツを全て自作することも可能で、参加者の中には自らハンダ付けを行ってイチから組み上げた猛者も。カスタマイズの自由度が高く、様々な外見を持った「ErgoDox」が集まりました。

また、「ErgoDox」では外見だけではなくファームウェアまでオープンソースで提供されています。その結果、キーの配列を自分で自由に設定することも可能です。

[From 【スペシャルレポート】ErgoDox users meet up]

「カスタマイズ」出来る範囲が広いというのも、ウケてる要因なんだろうなぁ。

幸いにして、僕個人はキーボード使うことで肩こりがひどいとか、腱鞘炎になったりするほどのヘビーにタイピングすることはないので、「あ~、なんか面白そうだなぁ~」ぐらいな感じで眺めてますけど、プログラミングが生業の人にとっては、「快適なタイピングが出来る」というのは重要な要素でしょうから、キーボードにはこだわりたい、という気持ちはわかるような気がします。

Mac mini 起動せず

金曜の夜半に「あれ?固まったかな?」と思いつつ、電源ボタン長押しで再起動を試みた Mac mini 、それ以降一向に起動してくれなくなりました…。orz
起動音鳴るし、アップルマークも表示され起動状況を示すプログレスバーも全部進行した状態になるのに、そっから先に進まないのです。

ディスクがお亡くなりになったと予想していますが、うちの Mac mini 、以前書いた通り Fusion Drive 化してあるので、SSD が HDD のどちらか、もしくはその両方が死んだとなると、ちょっと痛いなぁと。さらに HDD は 1TB のものに換装済みでしたし…。

いずれにしろ、すぐ対処できないんで、動作試験用兼予備機的に使っていたノート PC で凌ぐしかなさそう…。
#iPhone の母艦なので、復旧させないといろいろと、ねぇ…。