iPhone XRを1週間使ってみて

iPhone XR を使いだして1週間経過したので、ちょっと感想なぞ書いてみる。

しばらく使い込んでみたら、また感想を書くかもしれません。

[From iPhone XR セットアップ完了! - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

夕焼け

とにかく、快適である、ということ。これに尽きますね。最新機種なのだから快適なのは当たり前なんですけど、ちょっとした操作に対するレスポンス良いと使っていて気持ちいいというか…。Face ID によるロック解除も素早いですし、意外と顔が XR に正対していない状態でも目線が画面に向いていれば、ちゃんと反応してくれるのも良い感じですね。

全面ほぼ操作画面でホームボタンがないというのにも、すっかり慣れました。
まぁ、tommy もホームボタンは物理的には存在はしていないので、それである程度ホームボタン無しというのにも慣れていたというはあったにしても、自然に受け入れてるよなぁ、という気はします。

ちょっとすごいな、と思ったのはカメラ。
設定では、デフォルトでスマート HDR が 有効な状態になっているわけですけど、その状態だと逆光を気にすることなく綺麗な画像が撮ること。夕方とはいえ、ほぼ正面に太陽がある状況で撮影したにもかかわらず、一切手を加えない状態でも十分鑑賞に耐えるものが撮れるんですから。(HDR のない状態で撮ったら、多分手前側は黒く潰れてて、ディテールもクソもあったもんじゃないのが撮れてたはず…。)

この辺は、ハード、ソフト両方の技術的な進歩が大きいんだろうなぁ、と…。

iPhone XR セットアップ完了!

無事、受け取って、サクサクとセットアップを開始したんですが、まぁ一筋縄では行かなかったですよ。> iPhone XR

お昼ちょっと前に受け取って、開封して、液晶保護フィルム貼って〜、とウキウキ気分でセットアップ開始〜、って感じだったんですが…。

アクティベート出来ないっ!

とにかく、アクティベートが出来ない状況が続いて、ここでかなり時間取られてしまいました。

調べてみたら、似たような状況だった人がいたようで、それに書かれていた内容を参考に、 iTunes の再インストールもしてみたのですが、それでもうまく行かない…。

ところが、iTunesでiPhone XRを認識しない。
設定そのものは、iCloudを通じて同期できたのだが、iTunesがiPhone XRを認識しないので、楽曲の同期ができない。

[From iTunesでiPhone XRが認識・同期できない場合の対処法 – 諌山裕の仕事部屋]

「まさか、 High Sierra だからダメ? Mojave なら、もしかして…?」と思って、つい2日ほど前に試しにインストールしてみた Mojave で起動し直して、 Lightning ケーブルで Mac と XR を繋いでみたところ、こんなダイアログが…。

Mobile Device Update インストールのダイアログ

実際のところ、原因はこのソフトウェア・アップデートが行われなかったことだったようで、アップルのサポートにも情報が掲載されていました。

iPhone、iPad、iPod touch の iOS のバージョンが、Mac でサポートされているバージョンよりも新しい場合は、「iOS デバイスに接続するにはソフトウェア・アップデートが必要です。このアップデートを今すぐダウンロードし、インストールしますか?」という警告メッセージが表示されることがあります。

[From iPhone、iPad、iPod touch で「iOS デバイスに接続するにはソフトウェア・アップデートが必要です」と表示される場合 - Apple サポート]

このアップデートの適用後、 iTunes 経由でのアクティベートに成功。 Mojave 側には 4S のデータのバックアップがないので、一旦新しい iPhone としてアクティベートを完了させて、再び High Sierra に切り替えて 4S のデータで復元をしようとしたのですが…。

iPhone XR、買っちゃったので、到着待ち

いや〜、買っちゃいましたよ〜。> iPhone XR
既に、OCN モバイル ONE に乗り換えちゃってますから、SIM ロックフリーで良いので、 アップル・ストアでサクッと手続き。
発表直後に Apple のサイトやニュース系サイトで見た画像では「ブルー、いいなぁ」と思ってたんですけど、実物見に行ってみたら、思ったよりも鮮やかな感じのブルーじゃないんだ、と…。で、ホワイトやブラックでは、ありきたり。(PRODUCT)RED は、ちと派手すぎるかな、と感じたので、コーラルかイエローどちらかとなったわけですけど、コーラルもなんか自分の好みじゃなかったので、イエローをチョイスということになりました。それでも、イエローも派手っちゃ派手ではあるんですがね。

ストレージは 128GB 。まぁ、そんだけあれば、簡単に使い切るようなことにはならないでしょう。

メイン機ではなくなっていたとはいえ 4S から移行になるので、大幅なスペックアップ。サイズに関しては tommy で慣らされちゃった感じもあるので、そんなに気にならないでしょう、多分。

4S 時代は、ほとんど裸運用だった(一時的にカバーかけてたことはあった)のですけど、今回は最初っから液晶保護フィルムとクリアタイプのソフトカバーも用意して準備も万端。あとは、明日のブツの到着を待つばかり。\(^o^)/
ということで、しばらくはネタには困らなさそうです〜。

Pro 6300 SFFから、CELSIUS W520 への乗り換えようとしてるんですが〜

まぁ、普通に使っている分には不満はないんですけど、拡張性という点ではちょっと劣る Pro 6300 SFF 。

今度のはメモリの搭載量のことも考えて、 スロット 4 本搭載の HP Compaq Pro 6300 SFF に。

[From 真冬の夜の夢:Pro 4300 SFFから Pro 6300 SFFへチェンジ! - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

特にスリムタイプの筐体なので、ロープロファイル対応のカードしか載せられない、というのが痛い。今使ってる GeForce GT710 は、一応 Metal 対応ではあるので、当面は使い続けられるんですけどねぇ…。

システム情報のディスプレイ/グラフィックス

今回入手したのは Xeon E3-1245 v2 搭載の CELSIUS W520 。タワー筐体なので、グラフィックカードの選択肢が増やせるのは、ありがたい。
メーカのサイトでスペックシートなどを確認してみたところ、電源が 300W のモデルと 500W のモデルがあって、今回手に入れたのは搭載されているグラフィックカードが Quadro 600 なことからいけば 300W モデルの方のよう。 500W モデルだと補助電源が必要なカードもメーカオプションとして載せることができたようなので、そこだけがちょっと残念。

それ以外のスペックとしては、 SATA 3.5 インチ HDD を 4 台搭載可能であったり、メモリスロット 4 本(ただし、Unbuffered ECCなメモリが必要)と、普通に使う分には不満になることはないだろうなぁ、と…。

Debian buster/sid で玄人志向の USB3.1 インタフェースボードを動かしてみる[性能編]

前のエントリーから、時間が空いてしまいましたが、簡単にパフォーマンステストをしてみた結果をまとめておきます。

測定対象の HDD について

まず、内蔵 SATA インターフェースに繋がっている方。

root@vhost01:~# smartctl --info /dev/sda -d sat
smartctl 6.6 2016-05-31 r4324 [x86_64-linux-4.17.0-rc7-amd64] (local build)
Copyright (C) 2002-16, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family: Hitachi Deskstar E7K1000
Device Model: Hitachi HDE721010SLA330
Serial Number: STN****S0UWL1K
LU WWN Device Id: 5 000cca 35ecbc4d1
Firmware Version: ST6OA3AA
User Capacity: 1,000,204,886,016 bytes [1.00 TB]
Sector Size: 512 bytes logical/physical
Rotation Rate: 7200 rpm
Device is: In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is: ATA8-ACS T13/1699-D revision 4
SATA Version is: SATA 2.6, 3.0 Gb/s
Local Time is: Thu Jul 19 22:50:48 2018 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

今回増設した USB3.1 インタフェースボード経由で接続した HDD 増設スタンドに挿した方が、こちら。

root@vhost01:~# smartctl --info /dev/sdb -d sat
smartctl 6.6 2016-05-31 r4324 [x86_64-linux-4.17.0-rc7-amd64] (local build)
Copyright (C) 2002-16, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family: Hitachi Ultrastar 7K3000
Device Model: Hitachi HUA723020ALA640
Serial Number: MK0****FJ4XZVA
LU WWN Device Id: 5 000cca 223de6d56
Firmware Version: MK7OAA10
User Capacity: 2,000,398,934,016 bytes [2.00 TB]
Sector Size: 512 bytes logical/physical
Rotation Rate: 7200 rpm
Form Factor: 3.5 inches
Device is: In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is: ATA8-ACS T13/1699-D revision 4
SATA Version is: SATA 2.6, 6.0 Gb/s (current: 6.0 Gb/s)
Local Time is: Thu Jul 19 22:50:41 2018 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

どちらも、回転数 7200rpm 、セクタサイズ 512byte のもので、違いは容量と SATA のリンクスピード。
測定を厳密にやるのであれば、同じ型番の HDD 2 台用意して、内蔵 SATA と USB3.1 にそれぞれを繋ぐのが良いのでしょうけど、機材を揃える時間もなかったので、大体の傾向だけつかめれば良いことにします。

Debian buster/sid で玄人志向の USB3.1 インタフェースボードを動かしてみる

Mac mini などのバックアップを TimeMachine でやっているですけどね。そのバックアップ先にしてたサーバの HDD がお亡くなりになったようで、OS レベルで認識されなくなりまして…。

まあ、 HDD 買ってきて載せ替えて、ちょいと設定修正すれば話は終わりなんですが、それじゃ面白くないよねぇ(誰が?)ということで、いろいろと考えて「USB 3.1 のボード載せてみるか?」ということに。
最初は、サーバに HDD 内蔵してしまうと、なにかあったときに交換するが面倒だから、いわゆる「お立ち台」タイプの HDD 増設スタンドを USB 経由で繋ぐだけでいっかな〜、と思ってたんですけど、ちょっと調べてみたら USB3.1 Type-C コネクタ付きのカードで比較的お安いの見つけることができたので、それに合わせて HDD 増設スタンドの方も、 USB3.1 Type-C コネクタを持つものにして一緒に Amazon でポチッと…。

カードを増設して、 OS からの認識状態を確認

でモノが届いたので、早速取り付け~。
バックアップサーバとして使っているのは、1年ほど前に手に入れた Express5800/53Xg 。こいつ、スリムタイプの筐体なのだけど、3.5 インチ HDD を 2 台搭載可能、PCI Express スロットとも x16 と x4 ぞれぞれフルハイトのカードが使えるというのがちょっと嬉しかったり…。

ProgresTouch用に交換用キーキャップを頼んでみた

ProgresTouch 、気がついたら買って 2 年が経過していました。
使い勝手に関してはもうなんの問題もなく、一部のキーのキートップが擦れてテカり始めたぐらいなわけですけど、前にも書いたとおり

キーキャップの交換が容易なんだから、Command キーと Option キーのキーキャップがあったら、もっといい感じなるよなぁと、なぜか物欲が刺激されているわけで

[From Progres Touch RETRO を OS X で使う - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

macOS に対応したキーが無いことだけが不満で、機会があればキートップだけ手に入れようと、いろいろと探し回っていたわけですが、最近になってようやくめぼしいものを見つけたので注文してみました。何故 AliExpress で探そうと思ったのかは忘れてしまったのですけど、探してみると Command 、 Option だけとかそれ含めてセットになってるのとか、いくつか見つけることができるんですが、注文したのは、以下のもの。

AliExpress CoolJazz Store

色は、黒とグレーの組み合わせで落ち着いたものですが、キーへの刻印はトップの部分ではなく、キーのサイドに印刷されているタイプ。
macOS に対応したキーに拘らなければ、もっとカラフルなものや、文字部分が光を透過しやすい素材で作られている LED バックライト対応のものとか選択肢多いんですよね〜。Windows キー、Alt キー、 Ctrl キーだけの色違いセットとかもあったりするんで、そういう点は羨ましい限り。
#興味のある人は、チェックして見るといいよ。

久しぶりに自分用のノート PC を手に入れた

久しぶりに、持ち出し用にノートPCを買うなどしてみた。ま、買ったと言っても、ヤフオクで競り落とした中古なんですけど。
モノは、マウスコンピューターの m-Book E シリーズの2つぐらい前のエントリーモデル。付属してたマニュアルとか見ると Windows 10 入ってたみたいで、終売になって1年程度のモデルの模様。(すでに、公式サイトには情報がないので、詳細は不明ですが…。)

14型 m-Book E シリーズ [ノートパソコン(PC)]|BTOパソコンの通販ショップ マウスコンピューター【公式】

エントリーモデルなだけあって、14 インチディスプレイ、 Celeron N3060(デュアルコア 1.6GHz)、メモリ 4GB、内蔵SSD 32GB というスペックですけど、メモリスロットが2スロットあって、うち 1 が空き。2.5 インチ HDD/SDD の搭載スペースもあるので、ちょっとリソース不足かな、と思ったら追加できる余裕はあるので、そこそこ使えそうな感じ。
実際、裏蓋開けての確認はしてないんですけど、型番をキーにググると、2.5 インチ SSD を増設したというレポートを見つけることができるので、あまりそのへんは心配していなかったり…。

そもそも、勉強会に参加したりするときにテキストベースでメモ取れればいいかな、ぐらいの用途しか想定してないので、スペックが低めなところは、使い方を工夫することでカバーできる範囲かな〜、と。(データはできる限り、Google ドライブの方に置いてしまうとか。)

真冬の夜の夢:Pro 4300 SFFから Pro 6300 SFFへチェンジ!

夢の続き。

結局、ハードウェア的な障害っぽくてメモリ 2 枚すると起動できなくなるので、4GB メモリ 1 枚で頑張ってたんですが、ちょっとした操作でももたつくことが多いのに閉口したので、またまたヤフオク使ってハコを競り落としました。

つーことで、次に Compaq Pro 4300 SFF の出物がヤフオクにあったので、それを競り落とし、それと別に競り落とした i3-3225 を載せて再チャレンジ。

[From 真冬の夜の夢:HP の Pro 4300 SFF の中古で High Sierra - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

今度のはメモリの搭載量のことも考えて、 スロット 4 本搭載の HP Compaq Pro 6300 SFF に。

HDD とビデオカードを Pro 4300 からそのままスワップ。メモリも手持ちのものを、とりあえず全部載って起動したら問題なく立ち上がったので、大した手間ではなかったですね。
#USB 3.0 ポートに HUB 繋ぎっぱなしだと、上手く起動してくれなかったとかはありましたが…。

真冬の夜の夢:HP の Pro 4300 SFF の中古で High Sierra

以前から「動くらしい」という話はよく聞いていたのだけど、手元のある機材でなんとかなるかなぁ〜、と思ったら意外となんとかなったもんだから、つい暴走してヤフオク使いまくりな夢を見たので、いちおーメモっておこう、かと…。

まー、基本的な情報は、この辺を起点にしつつ、色々とググりまくれば出てくるので、そちらにお任せ。

High Sierraをインストールする方法をご紹介してきたのですが、多数の記事に分散してしまっています。そこで、記事へのポインタをまとめた総集編を作ってみました。

[From Hackintoshの作り方(総集編) - Mac信者のHackintosh修行]

書いてあることどおりにやれば、そんなに難しいことじゃないと思いますので、自分がうなされたところを重点的に、ということで。