Debian buster/sid で玄人志向の USB3.1 インタフェースボードを動かしてみる[性能編]

前のエントリーから、時間が空いてしまいましたが、簡単にパフォーマンステストをしてみた結果をまとめておきます。

測定対象の HDD について

まず、内蔵 SATA インターフェースに繋がっている方。

root@vhost01:~# smartctl --info /dev/sda -d sat
smartctl 6.6 2016-05-31 r4324 [x86_64-linux-4.17.0-rc7-amd64] (local build)
Copyright (C) 2002-16, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family: Hitachi Deskstar E7K1000
Device Model: Hitachi HDE721010SLA330
Serial Number: STN****S0UWL1K
LU WWN Device Id: 5 000cca 35ecbc4d1
Firmware Version: ST6OA3AA
User Capacity: 1,000,204,886,016 bytes [1.00 TB]
Sector Size: 512 bytes logical/physical
Rotation Rate: 7200 rpm
Device is: In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is: ATA8-ACS T13/1699-D revision 4
SATA Version is: SATA 2.6, 3.0 Gb/s
Local Time is: Thu Jul 19 22:50:48 2018 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

今回増設した USB3.1 インタフェースボード経由で接続した HDD 増設スタンドに挿した方が、こちら。

root@vhost01:~# smartctl --info /dev/sdb -d sat
smartctl 6.6 2016-05-31 r4324 [x86_64-linux-4.17.0-rc7-amd64] (local build)
Copyright (C) 2002-16, Bruce Allen, Christian Franke, www.smartmontools.org

=== START OF INFORMATION SECTION ===
Model Family: Hitachi Ultrastar 7K3000
Device Model: Hitachi HUA723020ALA640
Serial Number: MK0****FJ4XZVA
LU WWN Device Id: 5 000cca 223de6d56
Firmware Version: MK7OAA10
User Capacity: 2,000,398,934,016 bytes [2.00 TB]
Sector Size: 512 bytes logical/physical
Rotation Rate: 7200 rpm
Form Factor: 3.5 inches
Device is: In smartctl database [for details use: -P show]
ATA Version is: ATA8-ACS T13/1699-D revision 4
SATA Version is: SATA 2.6, 6.0 Gb/s (current: 6.0 Gb/s)
Local Time is: Thu Jul 19 22:50:41 2018 JST
SMART support is: Available - device has SMART capability.
SMART support is: Enabled

どちらも、回転数 7200rpm 、セクタサイズ 512byte のもので、違いは容量と SATA のリンクスピード。
測定を厳密にやるのであれば、同じ型番の HDD 2 台用意して、内蔵 SATA と USB3.1 にそれぞれを繋ぐのが良いのでしょうけど、機材を揃える時間もなかったので、大体の傾向だけつかめれば良いことにします。

Debian buster/sid で玄人志向の USB3.1 インタフェースボードを動かしてみる

Mac mini などのバックアップを TimeMachine でやっているですけどね。そのバックアップ先にしてたサーバの HDD がお亡くなりになったようで、OS レベルで認識されなくなりまして…。

まあ、 HDD 買ってきて載せ替えて、ちょいと設定修正すれば話は終わりなんですが、それじゃ面白くないよねぇ(誰が?)ということで、いろいろと考えて「USB 3.1 のボード載せてみるか?」ということに。
最初は、サーバに HDD 内蔵してしまうと、なにかあったときに交換するが面倒だから、いわゆる「お立ち台」タイプの HDD 増設スタンドを USB 経由で繋ぐだけでいっかな〜、と思ってたんですけど、ちょっと調べてみたら USB3.1 Type-C コネクタ付きのカードで比較的お安いの見つけることができたので、それに合わせて HDD 増設スタンドの方も、 USB3.1 Type-C コネクタを持つものにして一緒に Amazon でポチッと…。

カードを増設して、 OS からの認識状態を確認

でモノが届いたので、早速取り付け~。
バックアップサーバとして使っているのは、1年ほど前に手に入れた Express5800/53Xg 。こいつ、スリムタイプの筐体なのだけど、3.5 インチ HDD を 2 台搭載可能、PCI Express スロットとも x16 と x4 ぞれぞれフルハイトのカードが使えるというのがちょっと嬉しかったり…。

ProgresTouch用に交換用キーキャップを頼んでみた

ProgresTouch 、気がついたら買って 2 年が経過していました。
使い勝手に関してはもうなんの問題もなく、一部のキーのキートップが擦れてテカり始めたぐらいなわけですけど、前にも書いたとおり

キーキャップの交換が容易なんだから、Command キーと Option キーのキーキャップがあったら、もっといい感じなるよなぁと、なぜか物欲が刺激されているわけで

[From Progres Touch RETRO を OS X で使う - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

macOS に対応したキーが無いことだけが不満で、機会があればキートップだけ手に入れようと、いろいろと探し回っていたわけですが、最近になってようやくめぼしいものを見つけたので注文してみました。何故 AliExpress で探そうと思ったのかは忘れてしまったのですけど、探してみると Command 、 Option だけとかそれ含めてセットになってるのとか、いくつか見つけることができるんですが、注文したのは、以下のもの。

AliExpress CoolJazz Store

色は、黒とグレーの組み合わせで落ち着いたものですが、キーへの刻印はトップの部分ではなく、キーのサイドに印刷されているタイプ。
macOS に対応したキーに拘らなければ、もっとカラフルなものや、文字部分が光を透過しやすい素材で作られている LED バックライト対応のものとか選択肢多いんですよね〜。Windows キー、Alt キー、 Ctrl キーだけの色違いセットとかもあったりするんで、そういう点は羨ましい限り。
#興味のある人は、チェックして見るといいよ。

久しぶりに自分用のノート PC を手に入れた

久しぶりに、持ち出し用にノートPCを買うなどしてみた。ま、買ったと言っても、ヤフオクで競り落とした中古なんですけど。
モノは、マウスコンピューターの m-Book E シリーズの2つぐらい前のエントリーモデル。付属してたマニュアルとか見ると Windows 10 入ってたみたいで、終売になって1年程度のモデルの模様。(すでに、公式サイトには情報がないので、詳細は不明ですが…。)

14型 m-Book E シリーズ [ノートパソコン(PC)]|BTOパソコンの通販ショップ マウスコンピューター【公式】

エントリーモデルなだけあって、14 インチディスプレイ、 Celeron N3060(デュアルコア 1.6GHz)、メモリ 4GB、内蔵SSD 32GB というスペックですけど、メモリスロットが2スロットあって、うち 1 が空き。2.5 インチ HDD/SDD の搭載スペースもあるので、ちょっとリソース不足かな、と思ったら追加できる余裕はあるので、そこそこ使えそうな感じ。
実際、裏蓋開けての確認はしてないんですけど、型番をキーにググると、2.5 インチ SSD を増設したというレポートを見つけることができるので、あまりそのへんは心配していなかったり…。

そもそも、勉強会に参加したりするときにテキストベースでメモ取れればいいかな、ぐらいの用途しか想定してないので、スペックが低めなところは、使い方を工夫することでカバーできる範囲かな〜、と。(データはできる限り、Google ドライブの方に置いてしまうとか。)

真冬の夜の夢:Pro 4300 SFFから Pro 6300 SFFへチェンジ!

夢の続き。

結局、ハードウェア的な障害っぽくてメモリ 2 枚すると起動できなくなるので、4GB メモリ 1 枚で頑張ってたんですが、ちょっとした操作でももたつくことが多いのに閉口したので、またまたヤフオク使ってハコを競り落としました。

つーことで、次に Compaq Pro 4300 SFF の出物がヤフオクにあったので、それを競り落とし、それと別に競り落とした i3-3225 を載せて再チャレンジ。

[From 真冬の夜の夢:HP の Pro 4300 SFF の中古で High Sierra - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

今度のはメモリの搭載量のことも考えて、 スロット 4 本搭載の HP Compaq Pro 6300 SFF に。

HDD とビデオカードを Pro 4300 からそのままスワップ。メモリも手持ちのものを、とりあえず全部載って起動したら問題なく立ち上がったので、大した手間ではなかったですね。
#USB 3.0 ポートに HUB 繋ぎっぱなしだと、上手く起動してくれなかったとかはありましたが…。

真冬の夜の夢:HP の Pro 4300 SFF の中古で High Sierra

以前から「動くらしい」という話はよく聞いていたのだけど、手元のある機材でなんとかなるかなぁ〜、と思ったら意外となんとかなったもんだから、つい暴走してヤフオク使いまくりな夢を見たので、いちおーメモっておこう、かと…。

まー、基本的な情報は、この辺を起点にしつつ、色々とググりまくれば出てくるので、そちらにお任せ。

High Sierraをインストールする方法をご紹介してきたのですが、多数の記事に分散してしまっています。そこで、記事へのポインタをまとめた総集編を作ってみました。

[From Hackintoshの作り方(総集編) - Mac信者のHackintosh修行]

書いてあることどおりにやれば、そんなに難しいことじゃないと思いますので、自分がうなされたところを重点的に、ということで。

エレコム マウスアシスタントでの設定内容を常時有効化する(但し、コレも暫定)

HUGE のボタンへの機能割り当ては、

Macで、エレコムマウスアシスタントをインストール後、
「画面アプリが正常に起動しませんでした。Machintoshを再起動してください」 と出て終了する。

[From 【マウスアシスタント】【Mac】マウスアシスタントで「画面アプリが正常...]

を参考にすれば出来るようになってはいたのだけど、これ実際には Mac を再起動してしまうとクリアされちゃうというものでして

ただ、この方法、あくまでも一時的な対処策で Mac 自体を再起動してしまうと元に戻ってしAutomatorまうんで、ちゃんと対策を早めに講じて欲しいところ…。

[From HUGE をマウスアシスタントでカスタマイズ出来るようになった(但し、暫定) - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

再起動のたびに、パッケージの内容の表示から指定されたアプリを起動するのも面倒くさい。

ということで、ちょいと調べてみた結果、以下を参考にして macOS を再起動してもマウスアシスタントで設定したキー割り当てが有効になるように出来たので、その経過をまとめておく。

ま、ようするに、えれさぽのページで説明されている方法を Automator でアプリケーション化して、それをシステム環境設定 → ユーザとグループの中でログイン項目として登録するということなんですがね。

最近、微妙に肩が張ると思ったら…

HUGE 使い始めて、3週間ほどになるんですが、

まだ使いはじめて間もないので、いまいちマウスとの使い勝手の違いに戸惑っていたりするわけですが、

[From 大玉トラックボールの ELECOM HUGE に乗り換えたよ! - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

微妙に肩に力が入っている感が強くて、どうしたら楽に使えるようになるかなぁ、と思って試しに HUGE の手前にリストレストを置くようにして手首を載せるようにしてみたら、かなり楽に操作できるように…。
HUGE を操作する時に無意識のうちに前腕部を浮かすようにしていたようで、そのせいで肩に力が入っていた模様。

リストレスト自体は、暫く前から使っていたのだけど、サイズがキーボードの幅に合わせたものだったので、それをずらして使うことも考えたんだけど、そうすると今度は左手側が窮屈になる、ということで幅の短いパームレストを調達して並べることに。

結果、こんな感じになっています。

HUGE の手前にリストレストを置いた、の図

これで、手首をガッツリ乗せておけるので、楽になりました。

HUGE をマウスアシスタントでカスタマイズ出来るようになった(但し、暫定)

さて、一昨日の続き。

マウスアシスタントをインストールしても、正常起動してくれない件ですけど

ただパッケージから出して繋いだだけだと、右クリック、左クリック、ホイールクリックしかボタンが使えないので、他のボタンに機能を割りするには、エレコムが提供しているマウスアシスタントをインストールする必要があるんですが、それインストールしても起動するとエラーダイアログを表示して、そこから先に進めない状況。

[From 大玉トラックボールの ELECOM HUGE に乗り換えたよ! - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

えれさぽにあるチャット機能を使って状況を伝えたところ、以下の QA 情報が提示されてきたので試してみたら、

Macで、エレコムマウスアシスタントをインストール後、
「画面アプリが正常に起動しませんでした。Machintoshを再起動してください」 と出て終了する。

[From 【マウスアシスタント】【Mac】マウスアシスタントで「画面アプリが正常...]

マウスアシスタントを起動させることは出来るようになり、ボタンへの機能割り当ても出来るようになりました。
ただ、この方法、あくまでも一時的な対処策で Mac 自体を再起動してしまうと元に戻ってしまうんで、ちゃんと対策を早めに講じて欲しいところ…。

大玉トラックボールの ELECOM HUGE に乗り換えたよ!

自宅では Logicool の ワイヤレスマウス M510 を使っていたんですが、 Mac mini を High Sierra にアップデートしたら、認識しなくなってしまった( Logicool Control Center で再認識させてもすぐ見失う)ので、マウスそのものを新調することに。
マウス本体側面のラバーが擦れてしまって、地の部分のプラスチックが見えてきてたというのも、新調しようという動機の一つではありました。

エルゴミクスデザインのやつもいいなぁ、とは考えていたんですが、色々悩んだ結果、今回はトラックボールにすることに。
タイミング的には、Logicool から MX ERGO って新しいモデルのトラックボールが出たところではあったんですけど、店頭で見たエレコムの HUGE のインパクトにヤラれたという感じもあって、結局それにした次第。(あと、ワイヤレスも避けたかったというのもあるので…。)

むか〜し使っていた PowerBook 180c や Let's Nore CF-M32 はトラックボールだっだんだよね。ということで、実に 20 年にトラックボールを本気で使う状況に戻ってきたということになっていたりします。