iSCSIのパフォーマンスって、どんなもん?

このへんとかこのへんで、MacBook AirのSSDのパフォーマンス測定やってるのを見て、「そういえば、iSCSIってどの程度パフォーマンス出てるんだろう?」と気になったのでMac mini の内蔵HDDとTimeMachine用に使っているiSCSI HDDのパフォーマンスを測って見た。
測定に使ったのは、Disk Speed Test

iSCSIについては、以前ちょこっと書いたとおりVMware ESXi上にインストールしたOpenFilerで組んだNAS上で動いているもの。


で、測定結果は、下の画像の通り。上がMac miniの内蔵HDDで、下がiSCSI。

Mac mini(Late2010)の内蔵HDD
iSCSI HDDの場合

WRITEはHDDとiSCSIの差はあまりないのだけど、READではiSCSIがHDDのおおよそ半分ぐらいという結果。コレはおそらくESXiの仮想マシンとしてOpenFilerが動いているのも影響あるんじゃないかなぁとは思うものの、今のところ比較対象になるiSCSI環境はないのでなんとも判断しにくい。物理的なマシンにOpenFiler入れて、そこiSCSIをセットすればもう少しパフォーマンス出るのかなぁ。こればっかりは試してみるしかないねぇ...。
とはいえ、今すぐ試せる環境はないので、しばらくお預け。

トラックバック(0)

コメントする