「引用・転載について」というページを用意するなど

DeNA による大量の無断転載記事で構成されたサイトの閉鎖騒ぎ、震源地たる DeNA から他のサイトや会社にもバンバン飛び火しているようで、ボコボコと記事非公開・閉鎖に追い込まれているようです。まぁ、他人様の著作物、切り貼りして安易にアクセス数を稼ごうとしたバツだとすれば、自業自得なんでしょうけどねぇ…。

DeNAは発表で「MERY の運営体制・方針は、既に記事非公開化を行なっている9つのメディアとは異なっておりますが、運営に関する疑義を明らかにするための厳正かつ公正な調査を行なうにあたっては、サービス運営が停止していることが必要との判断に基づき、MERY を含む全てのキュレーションプラットフォームサービスの記事の非公開化を行ないます」とした。
これにより、DeNAがキュレーションメディアプラットフォーム事業(DeNAパレット)で展開する全10媒体が非公開になる。

[From DeNAが「MERY」全記事の非公開化を発表「厳正かつ公正な調査」のため]

リクルートホールディングスは12月9日、同社が運営するアニメ情報サイト「アニプラ」など4メディアの記事をすべて非公開にした。「著作権の侵害の可能性がある」と判断したためという。

[From リクルート、「アニプラ」など4媒体の全記事を非公開に 「著作権侵害の可能性」 - ITmedia ニュース]

そんな中、あるコンサルタントの人が、こんな公開したと言うので、早速見に行ったわけですが…。

本文中に、

さてと冗談はさておき、今後もこのようなパクリ被害に遭わないため、専門の弁護士さんと相談した対策をココで発表いたします。ブロガーとか写真家とかイラストレーターとか会社のサイトとか、ショップとか、みなさんみんな真似してください。

[From (専門弁護士確認済)自分の写真や原稿をパクられないための自衛必殺技を公開します | More Access! More Fun!]

と、書かれてあったので、早速活用させていただくことにしました。実際、自分自身のサイトからパクられた経験はないんですけどね。

サイトで公開されている内容、一部表現を変えたり、発案者への感謝の意を表する意味で転載元へのリンクを張るなどしていますが、基本的にはありがたくそのまま利用させていただいております。

個人的には、引用したことを簡単に通知出来る仕組みがあると、いろいろとシアワセになれそうだよなぁ、とボケーっと考えていたんですけど、それって今では廃れてしまったトラックバックなんじゃないかと、ふと思ったり…。(これが、パクリサイト騒動を契機として復活したりしたら面白いですが。)

トラックバック(0)

コメントする