Express5800/53Xg を手に入れたので、色々配置替え中

以前自宅での仮想環境用に調達した HA800 。

そもそも、新しく機材を調達しようと思ったのは、 Mac mini や LIFEBOOK で動かしていた VirtualBox による実験環境を集約。これにより、 LIFEBOOK を用途的に浮かすことが出来れば、家族が使っている調子の悪い ThinkPad をそれで置き換えられるな、というのが発端。
そこになんともタイミング良く、今回入手した HA8000 がヤフオクに出品された、というわけ…。

[From HA8000の中古を手に入れるなど - Soukaku's HENA-CHOKO Blog]

使っているとなんだかんだで、欲が出てくるというか、Hyper Threading 有効な CPU 欲しくなってきたもんで、ヤフオクで X3440 より上のやつをチェックをマメにしてたんですけど、出物があってもお小遣い的なタイミングと合わなかったりして、購入までは至らず。

んで、ヤフオク検索しててふと見つけたのが、 Xeon E3 シリーズを搭載した Express5800 のワークステーション。
X3470 とか X3480 が 1 万近い値段で出品されているのと、そう変わらない値段で出品されているものもチラホラあったし、「CPU 単体で買うよりもコスパ的にもいいな…」ということで、ターゲットを変更。メモリが 32 GB までいける E3-1275 v2 搭載の Express5800/53Xi を第一候補、メモリ 16GB までで E3-1280 搭載の Express5800/53Xg を第二候補としてウォッチしてたんですが、第一候補は出品台数も少なかったこともあったのか、スルスルと入札額が上がっててしまい、あっという間に予算オーバしてしまったので断念。

一方、第二候補の方は複数台出品されてたのと第一候補狙いの人が多かったのもあったのか、入札終了時刻キリギリまで入札者がいないのがあったので、終了間際に入札して、無事確保した次第。(他の人と競ることもなかったのは、ラッキーだった。)


5800/53Xg が来たことで…

無事落札できたので、サクサクと支払手続きして、この三連休の初日にはブツが到着したので、アレヤコレヤといじくり回していたわけですが、4C/8T ぐらいになると高負荷になるものでなければ仮想マシンを常時複数台動かしておけそうですね〜。ただメモリが少ないので、このへんはとっとと 16GB まで増強したいところ…。

ということで、自宅内のサーバの役割変更をしていくことになるわけですが、今回入手した 5800/53Xg が仮想環境用とするのであれば、HA8000 を現在自宅内でメールサーバとして動いている Express5800/110Ge の後継に据えて、 5800/110Ge は退役ということにしようかと…。
5800/110Ge 買ったの、 2009 年だもんなぁ。(その頃、サーバの安売りが流行ってたよね。)

今回のハマリポイント

で、色々試してどうにもならなかったのが、5800/53Xg 自体で直接 Linux のインストールが出来ないという点。

Debian stretch の DVD イメージ、 netinst イメージ、Live イメージ、 Ubuntu 17.06 Desktop イメージ、 CentOS 7(1611) イメージのいずれで起動しても、内蔵 HDD が認識されないという状況。HA8000 に搭載していた Debian インストール済みの HDD を載せると、それからは正常に起動できるので、ハードがおかしいわけではないのは確かなんだよね。

仕方がないので、 HA8000 で Debian stretch を新規インストールしたあとの HDD を 5800/53Xg に積み直して環境構築をシコシコをす進めて、ほぼ終わったかな、という感じ。ただ、これだといろいろあった時に面倒くさいんで、なんとか新規インストールがちゃんと出来るようにはしたいところ…。
ハード的には、特に問題なりそうなコンポーネントの組み合わせではないと思うんですがねぇ、う〜む…。

トラックバック(0)

コメントする